pick up
iPhone12が驚きの値段になる?なぜ最新モデルが低価格で買えるのか?

数日前から2020年に発売予定のiPhone12が今までと違って低価格で買えるようになると噂になっています。日本円で69,000円から購入可能と噂で驚きの価格ですよね。

これが本当なのか?本当なら嬉しいですがなんでそんなに安く買えるのかをレビューします。

このコンテンツは新型iPhone12が69,000円から買えると噂だけどなんでそんなに安くなるのか気になる人に向けた記事です。

スポンサーリンク

iPhone12の廉価版は69,000円から?

今回の噂の出どころはJon Prosser氏ですが彼がTwitterでリーク情報として価格予想をまとめています。

なぜiPhoneの廉価版とはいえiPhone12シリーズがそんなに安いのかはiPhone12シリーズでも廉価版と上位モデルに別れるためのようです。

しかし1番やすい廉価版でも5Gに対応し、有機ELも搭載しているとのことでコスパが高いようですのでこれが実現すればお買い得といえますよね。

単純にiPhone11の廉価版であるiPhone11は74,800円からとなっていますがディスプレイは液晶です。そして5Gも非対応であることを考えれば新型iPhone12は有機ELディスプレイで5G対応で実質かなりの値下げと同じです。

このリーク情報のiPhoneの値段がが実現すればコストパフォーマンスの高い1台となりそうですね。

まだリーク情報なので実際のところはわかりませんがAppleの計画としてAndroidのシェアを少しでも取り戻すには価格帯で競争力のある機種がある必要はあると思います。

Androidの5Gに対応したコスパの高いスマホが増えてきていることを考えれば低価格路線の高スペックiPhoneも戦略の1つにはなるのではないでしょうか?

新興国などではiPhoneが高額過ぎて手が出ない人も多く低価格のAndroid機に人気が集まっているようです。

そこへ低価格の5Gが使えるiPhoneが登場すれば手に入れることができる人も増えるかもしれません。

実際には何万円も安くなるわけではありませんが最新のiPhoneが5,000円以上安くなるのはかなり魅力的ですよね。

もっと安く手に入れたい、パフォーマンスよりも値段重視の方はiPhoneSEが発売されたのでもっと安く購入できます。

しかし、iPhoneの高スペックで少しでも安いiPhoneが欲しい人にとっては69,000円のiPhone12は魅力的ですよね。

スポンサーリンク

iPhone12の上級モデルはどうなのか?

今回のiPhoneはリーク情報ではずっと4種類発売されると噂されています。下位モデルが2機種と上位モデルが2機種あるとリークされていますが高額な機種はどうなのでしょうか?

Jon Prosser氏の情報によればiPhone12の廉価モデルは5.4インチと6.1インチの2機種と6.1インチ、6.7インチの2機種の合計4機種になると言うことです。

上位モデルの価格は今までと同じ価格帯ですが中身がかなりアップグレードされるため実質値下げされるとも言えます。

なぜなら5GやLiDARスキャナなども搭載されて価格が変わらなければ実質値下げと同じです。

これが実現されれば買いの1台になりそうですよね。全機種の価格リーク情報下記のTwitterの通りです。

まとめ

2020新型iPhone12はコロナの関係で発売時期が遅れると噂がありますがiPhoneの価格が値下げされるなら早く欲しい1台ですよね。

iPhoneが発売されるのが待ち遠しい方も多いと思いますがもう少し待つ必要があります。しかしアップグレードされてiPhoneの値段が安くなりのであれば待ちきれませんよね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事