pick up
2020年のワームムーンって何?いつ見れる?何時から?名前の由来は何?

3月の満月はワームムーンと言います。なぜワームムーンなのか?名前の由来や意味はどのようなものでしょうか?

ワームムーンとは名前の通りワーム(虫)のムーン(月)と言う意味の満月のことです。

ではなぜ満月なのに(虫月)なんて名前なのか名前の意味や理由は雪が溶けて芋虫が這い回った跡が見られる季節になったことを意味します。

ワームムーンはいつ見れるのか?何時から見れるのか?など疑問を解決しましょう。

このコンテンツはワームムーンが気になるかた向けの記事です。

スポンサーリンク

2020年のワームムーンはいつ見れる?

2020年のワームムーンが見れるのは3月10日に見れます。

3月の満月は3月10日がMAXになる日です。その日の満月の名前がワームムーンといいます。

3月8日現在の週間天気では3月9日は全国的に天気が悪いようです。曇りまたは雨の予報になっています。雲の晴れ間に満月が見れれば良いですね。

スポンサーリンク

ワームムーンは何時から見れるの?

2020年のワームムーンは3月10日の深夜2時48分が満月が最大になる時間です。

見た目では極端には大きさはわかりにくいのですが満月としてMAXの状態が3月10日の深夜2時48分になっています。

この3月10日は火曜日のため深夜2時48分頃に起きている方は非常に少ないと思いますがこの瞬間が見たいと思うかたは頑張って起きていましょう。

見たいけど眠たい方はこの時間ではなくても3月9日の夜には既に見た目は満月で明るい状態です。

寝る前に日頃見ない満月をゆっくり観察しながら静かに見てみましょう。日頃のストレスも吹き飛ぶくらいに充実した気持ちのなれるかもしれません。

ワームムーンの意味はわかったけど名前の由来をもっと詳しく教えて?

名前の由来は元々ネイティブアメリカンの農業歴で使われる名前で雪解が溶け出す時期に地面からミミズがはいだした跡がみられるようになるため、虫が活動を始める時期だと言う意味が込められているようです。

地面をミミズが這い回ったあとや芋虫の跡などいくつかの節があるようですがネイティブアメリカンが使うようになってその後に入って来た入植者などの間でも広く使われるようになりました。

昔の人はこうした月や太陽など自然のもので年間の活動をしていたため月にも名前をつけて季節の目安にしていたのです。

現在ではカレンダーや時計がるため見ただけでわかりますが昔はわかりやすい時計やカレンダーが今のようにあったわけではないためこうした変わらないもの、月や太陽で季節を表していたようですね。

ワームムーン以外にも3月の満月にはこんな呼び名がある?

ワームムーン以外にもいろんな呼び名があります。(Worm Moon)

(Worm Moon)=芋虫月 雪解け後にミミズが這い回った後にちなんで名付けられたもの

(Chaste Moon)=純潔月 雪が溶けた後のまだ汚されていない大地の様子を見て名付けられたもの

(Death Moon)=死月 3月で1年が終了し冬の満月も終わることからデス(死)を意味して名付けられたもの

Crust Moon)=堅雪月 解けかかった雪が夜間に冷え込んで再び凍りつく様子にちなんで名付けられたもの 

(Sap Moon)=樹液月 カエデの木から樹液が採取できるようになる時期にちなんで名付けられたもの

同じ3月の月にも様々な呼び名があり昔の人の知恵や生活を想像することができますね。

2020年3月10日は満月が見れるのか?天気予報は?

2020年の1ヶ月長期予報では関東甲信地方では平年に比べて晴れる日が多い予報になっています。晴れる確率が高ければ満月を見れる確率も高くなります。

しかし現在のところ晴れのひと曇りや雨のひが交互にやってくるようです。3月10日は残念ながら全国的に曇りや雨が多いようです。

ちなみに関東甲信地方の過去の3月10日の天気はどうだったのでしょうか?

2015年3月10日は晴れから曇りになっています。

過去ツイートで画像アップされています。

2016年3月10日は曇りになっています。

「2016年は過去ツイートに画像はありませんでした。」

2017年3月10日は晴れています。

2017年は過去ツイートにアップされています。

2018年3月10日は雨から晴れになっています。

2018年の過去ツイートにアップされています。左の月は撮影したものかは定かではありません。

2019年3月10日は曇りになっています。

「2019年は過去ツイートがありません。」

過去5年間の天気では晴れと曇りが半分づつ程度になっています。雨が降っていなければ雲の隙間からでも満月は見ることができますので、満月を見るチャンスは高いと言えますね。

満月が見れない人のために動画で満月を見ましょう。天気が悪かったり夜中まで起きてられない人のために昨年の満月の動画をどうぞ。

YouTube pandaspoon

雲ひとつない時の満月は明るく幻想的な雰囲気です。また雲があったとしても雲が白く光って明るく幻想的な雰囲気は変わりません。雨さえ降らなければ大丈夫そうですね。

まとめ

2020年3月の満月はワームムーンといいます。

2020年3月の満月は3月10日の午前2時48分です。

ワームムーンが見れる確率は今のところ晴れる可能性が高そうです。

名前の由来はミミズが這い出した跡が見られることから名付けられた季節を意識した名前です。

ぜひ気になるかたはこのことを思いながら3月10日に満月を見てみてはいかがでしょうか?

満月に関するその他の記事が気になる方は下記のリンクからどうぞ。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事