pick up
iCloudの容量がいっぱい!容量を購入すべきか迷っているあなたに解決する方法

iPhoneを購入すると最初はいろんな写真を撮影したりアプリをダウンロードしたりすると思います。

そこでしばらくすると必ず困ってしまうのがiCloudのストレージ容量がいっぱいになってしまうことです。

最初に無料で使えるiCloud容量は5GBです。写真が多ければ結構早く容量を使ってしまいます。そこでiCloudの容量を購入すべきかどうか迷ってしまいますよね。

できればずっと無料で使いたいけどどうすれば良いのかわからない方に解決方法をご案内します。

結論から言えば写真は他の無料サービスを使えば解決します。もしくはiCloudを使いたい場合はなぜ有料サービスを購入して使うのかの理由もレビューします。

このコンテンツはiCloudのストレージ容量を購入するかどうか迷っている人に解決方法を提案した記事です。

スポンサーリンク

iCloudストレージがいっぱい!iCloudを購入しない場合に無料の写真サービスを使う方法!

Googleフォトを無料で使う(最強の無料フォトと言える)

iPhoneを使っていればすぐにいっぱいになるiCloudストレージ。特に写真が多く容量を逼迫している方も多いと思います。

まず誰でも知っていてすぐに使えるのがGoogleフォトと言うサービスがあります。これはGoogleの写真バックアップサービスです。

Googleフォトの最大のメリットは無料で容量無制限での写真がバックアップができると言うことです。

高画質でバックアップされるため安心です。そして誰かに見られることも、なくなることもなくiPhoneを買い替えてもGoogleフォトからダウンロードすれば同じ写真が復元可能です。

iCloudと同じように使えるため便利です。使い方はAppストアからGoogleフォトをダウンロードして設定すればすぐに使えます。

今までAndroidスマホを使っていた方なら使っているかもしれませんがiPhoneでも使えるため便利ですよね。

ただiPhoneユーザーでGoogleアカウントを持っていない場合はGoogleアカウントを作る必要があります。

Googleアカウントの作成方法は下記のリンクに詳しくレビューしています。

Amazon Photosを無料で使う(プライム会員のみ)

次に紹介するのはAmazonのフォトサービスです。このサービスも無料で無制限のフォトストレージを使うことが可能です。

しかしこのサービスは無料ですがAmazonプライム会員が使えるサービスのためプライム会員ではない場合は使うことはできません。

Amazonプライム会員の方はフル活用できますが、まだプライム会員出なければプライム会員になる必要があるため年会費が必要です。

Amazonプライム会員になるには月額500円を支払うか年間で4,900円を支払う必要があります。買い物を良くする人やAmazonプライムビデオを視聴する人であればメリットがあります。

Amazonプライム会員のメリットなどを詳しく記載したコンテンツをもっと知りたい方は下記の記事をリンクしていますのでどうぞ。

Amazonプライム会員の方はAppストアでAmazon Photosアプリをダウンロードすれば使えるようになります。

他にもいくつかある無料ストレージサービスとは

他にもいくつかの無料ストレージは存在します。

管理人は昔はFrickrと言う1TBまで無料で使えるYahooの写真保存サービスを使っていましたが途中から有料になったため使わなくなりました。

その他有名なのはEvernoteやDropbox、マイクロソフトのOneDriveなど無料ストレージが使えます。

しかし、これらのサービスは無料容量は5GB程度までが多くiCloudのストレージ容量と変わりません。

そのため5GB程度よりも多くなれば有料になるためiCloudを有料化した方が得策です。理由は何もしなくてもストレージを購入するだけで良いからです。

スポンサーリンク

iCloudのストレージ容量を購入すべき理由

先ほども言いましたがiCloud以外の無料で使えるサービスはたくさんあります。

しかし無料で使える容量はGoogleフォトを除いては5GB程度のものが多くiCloudと変わりません。

そこであまり変わらないのであれば逆にお勧めなのはiCloudになってきます。

なぜiCloudがお勧めなのかと言う理由は何もダウンロードしたりアカウントを作る必要がないからです。

そしてもう1つのお勧めはiCloudストレージはやすいからです。

なぜやすいのかと言えばiCloudは50GBのストレージで毎月130円です。200GBでも毎月400円で使えます。

例えばDropboxであれば1TBの容量が毎月1,300円になっています。これはAppleの2TBの容量が毎月1,300円で使えるのと同じです。

またマイクロソフトのOneDriveでは100GBのストレージが毎月224円で使えます。iCloudストレージに100GBはありませんが200GBで400円です。

これは倍の200GBですが金額は割安になりますよね。

このように他の有料サービスと比べてiCloudストレージの価格は安く設定されています。

有料プランと聞いただけで高いイメージがありますが実はiCloudの有料プランはやすいのです。

管理人は2TBを毎月1,300円で契約していますが大事な写真もあるため長期間使うことを考えて2TBにしています。

Appleのお勧めは200GBがお勧めだとしていますので長期間の写真を保存したいのであれば最低でも200GBくらいあれば安心しますよね。

iCloudストレージの200GBがなぜお勧めなのか気になる方は下記のリンクをどうぞ。

このことを考えればiCloudを無料で使うのか有料ストレージを購入して容量を増やすのか迷っている方で有料にするならiCloudがお勧めだと言えます。

まとめ

iCloudのストレージ容量があとわずかで、無料で使い続けたいのか有料にするのか迷っている人はこのコンテンツで迷いもなくなったでしょうか?

要はiCloudの写真を整理してもすぐに5GBの容量はいっぱいになります。そこで思い切って他の無料サービスを使うのか、そのままiCloudを使うのか決める時期がきます。

どうしてもお金を払いたくない場合は本当の無料ストレージはGoogleフォトが最強です。なぜなら無制限で無料サービスだからです。

しかし無料と言うことはいつ企業方針で無料ではなくなるかもしれません。またはサービス自体がなくなる可能性もないとも言えません。

そんな心配がある方は素直にAppleの有料ストレージを選ぶべきです。そうすればアカウントも作ることなくiCloudストレージプランを変更するだけで写真を引き続き保存できるからです。

ちなみに管理人は新しいもの好きのためにほとんどのストレージサービスを利用しています。Googleフォトも便利に使いながらiCloudも2TBのサービスを使っています。

OneDriveやEvernote、Dropboxなど無料で使える分は使ってきました。Evernoteは有料で使っていますが便利なものはお金を払っても使ってしまいます。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事