pick up
スマホ

自分の車のカーナビにスマホのBluetoothを接続して使っている方も多いと思います。しかし電話がかかってきた時に相手の名前が表示されていない事はありませんか?相手の電話番号だけしか表示されていない場合は誰から電話がかかってきているのかわかりません。

そこでスマホの電話帳または連絡先をカーナビと同期しようと思って設定しても同期出来ない!という方は意外に多いものです。そこでスマホの電話帳「連絡先」がなぜカーナビに表示されないのかを解説します。

スポンサーリンク

電話がかかって来た時に相手の名前が表示されない!

相手の名前が表示されない原因はなにか

車を運転中に電話がかかって来た場合に、カーナビに相手の名前が表示されるようになっていますが自分のカーナビには相手の電話番号しか表示されていないと誰からの電話かわからないと思います。

Bluetooth接続がされていて電話帳「連絡先」が表示されない原因は電話帳「連絡先」の同期をしていない事です。カーナビや車からの同期の許可をしていないためスマホの電話帳「連絡先」が同期が出来ないという事が原因です。

ほとんどの場合はカーナビからの同期許可の依頼がよくわからずに「許可しない」を無意識に選んでしまい電話帳「連絡先」のデータが同期されていない場合が多いです。

解決するのは簡単です。カーナビに電話帳を転送する方法はスマホで同期の許可をするだけです。

電話がかかって来た場合に相手の名前を表示されるようにするにはスマホの設定で同期を許可するだけです。簡単ですがどこで許可するのか分からない方も多いと思います。

そこでiPhoneとAndroidそれぞれで設定方法を画像で解説します。

ナビの機種やスマホの機種によって若干設定方法も違いますがBluetoothの接続が必要な点は同じです。またスマホの機種によっては設定がわかりにくい機種もあります。

この記事ではiPhoneとGalaxyS7edgeのスクショ画像を使用しています。

バニラ
Bluetoothで接続すれば便利だよね。でも電話帳の表示はどうすればいいの?

スポンサーリンク

電話帳「連絡先」の同期を許可しましょう!

カーナビに電話帳「連絡先」を設定する場合に、ナビの手順通りにしたけどメモリの読み込みに失敗しました。と表示されて一向に同期出来ない場合の設定をしましょう。

何度挑戦してもメモリの読み込みに失敗しました。と表示されて電話帳「連絡先」が同期出来ないと余計に焦ってしまいパニックになってしまうものです。

電話帳「連絡先」の同期で一番気を付けなければならない事はスマホの最初の設定に気を付けて同期する事です。

カーナビの電話帳同期画面で電話帳の登録ボタンをクリックするとスマホにBluetoothの接続画面が出ます。ここでスマホがiPhoneまたはAndroidで表示される画面に違いがありますが、画面下部に連絡先の同期を許可しますか?と表示されています。まずそこをクリックして連絡先の同期を許可する。をクリックしなければ絶対に同期する事はありません。

スマホの電話帳「連絡先」のメモリ読み込みをする時に、電話帳「連絡先」の同期をクリックしても、メモリの読み込みに失敗しました。と出てしまうのは最初の電話帳「連絡先」の同期を許可する。に設定していないからです。意外にここを見落としてしまい設定出来ないと言う人が多いようです。

スマホに表示される色々な設定画面はよく理解せずに使っている方もいるため、設定しますか?と言う文言が表示されると反射的に(いいえ)や(設定しない)をクリックしてしまい、後でスマホの接続や設定が出来ないと言う方が多いです。

例えばトヨタのカーナビに電話帳「連絡先」が転送できない場合もスマホの設定が問題の場合が多いです。また日産のカーナビでもホンダでも同じ事が言えます。車側の問題よりもスマホの設定で電話帳「連絡先」が転送できない事が多いのが実情です。

バニラ
へ〜。そうなんすか?良くわからずクリックするから心理的に、いいえをクリックしてしまいそうだよね

カーナビにiPhone「アイフォン」の電話帳「連絡先」を同期「転送」する

iPhoneとカーナビのBluetooth接続が終わったら電話帳「連絡先」とよく使う項目の同期を許可しますか?と表示されるので必ず許可をタップしてください。

許可を選ばなければ電話帳「連絡先」の同期「転送」は出来ません。ここで許可しないをクリックすれば電話帳「連絡先」は何度同期しても同期は出来ないと言う事を覚えておきましょう。

iPhone電話帳
バニラ
ここで「許可」をタップしなければ絶対にスマホの電話帳「連絡先」はナビと同期出来ないよ
iPhone電話帳

このiPhoneに表示される文書はよく読んでクリックしなければ後に何度電話帳「連絡先」を同期「転送」してもカーナビにメモリの読み込みに失敗しました。と表示され電話帳「連絡先」の同期は出来ません。

iPhoneの電話帳の転送をカーナビにするのは簡単ですね。ちょっとしたことで車のナビに電話帳が転送出来ないのはイライラ来ますよね。

カーナビにAndroidの電話帳「連絡先」を同期する。

AndroidとカーナビのBluetooth接続が終わったら電話帳「連絡先」とよく使う項目の同期を許可しますか?と表示されるので必ず許可をタップしてください。

許可を選ばなければ電話帳「連絡先」の同期は出来ません。ここで拒否をタップすれば電話帳「連絡先」は何度同期しても同期は出来ないと言う事を覚えておきましょう。

スマホ
バニラ
androidもここで「許可」しなければナビとスマホの電話帳「連絡先」は同期出来ないよ。心理的に拒否してしまう人が多いので同期出来ないと困る人が多いよね
スマホ

Androidは機種、ソフトウエアバージョンで上のスクショ画像と表示が違います。ただ、記載されている文言は同じような事が記載されていますので、自分のスマホに表示されている文面をよく確認しましょう。上記の画像はAndroidバージョン8.0.0です。機種はGalaxy S7 edgeを使用したスクショ画像です。

バニラ
androidの場合はスマホメーカーで許可ではなく別の文言の場合があるので気をつけてね!

まとめ

スマホ電話帳「連絡先」のメモリの読み込みを何度同期しても同期出来ない場合は、だんだんと焦ってきますよね。なんで?なんで同期出来ないの?と思って余計に分からなくなる方もいると思います。

ちょっとした事で出来ないだけですがパニクってしまいます。冷静になって表示された文面を良く確認すれば簡単な事に気づくと思います。

スマホに表示された案内や確認事項は良く読んで理解して取り扱えば決して難しいものではありません。焦らずじっくり確認して設定をしましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事