pick up
ながらスマホ運転で逮捕者続出! ながら運転どこまで大丈夫なのか?

2019年12月1日から「ながら運転」の厳罰化が施行されています。これほどニュースなどで取り上げられているのに違反して全国で逮捕者が続出しています。

仕事で電話する人も多いと思いますが厳罰化されたのであれば絶対に「ながらスマホ運転」はしないようにしましょう。

スポンサーリンク

ながらスマホ運転はどこまでなのか?

どこまでがながら運転なのか知りたい

今のところ運転中のながらスマホで許されるのは停車中の操作のみです。運転中であればスマホを握っているだけでも取締りで警官に現認されれば「保持容疑」で捕まります。

またナビも対象になりうることも忘れてはいけません。2秒以上画面を見続けることは違反になるとのことです。当然ナビを見れば2秒以上かかりますので取締で現認されればアウトだと言うことです。

ながら運転はBluetoothイヤホンも片耳であればOKとのことですが、電話がしつこくなっていたので仕方なく電話に出たところを運悪く取締で警官に現認されればアウトです。

実際のながらスマホの取締ではどうなの?

ながらスマホ運転では逮捕者も出始めています。運転中に携帯電話で通話していたとして警察に現認されて逮捕されていいます。

携帯電話を使用した場合に逮捕されてしまうのであれば絶対に電話をしない方が良いですね。

全国各地で「ながら運転」の取締りは強化されていますが特にスマホは厳しく取締りされると思います。

なぜなら危ないからです。スマホが原因の事故も多数起きているため厳罰化されたのですから運転中のスマホ操作や通話は控えるべきです。

運転中でも相手はわかりませんから電話はかかってきます。Bluetooth機器に接続されていないからと言って思わず電話に出てしまうのはやめましょう。

思わず電話に出てしまい逮捕までされてしまえば大損です。相手にも迷惑をかけることになります。

それは自分が電話したせいで警察に捕まったと思うからです。

でも電話がなれば気にはなりますよね。特にビジネスマンだとクライアントやユーザーから電話がかかってくるのであれば電話に出ない訳にもいけない場面があります。

しかしそんな時でも自分は電話に出ることで捕まれば相手にも迷惑がかかると思い、グッと堪えて電話に出るのはやめましょう。

これだけ騒がれている「ながらスマホ」であれば運転中で電話に出れないと言うのは相手も許してもらえます。

スポンサーリンク

運転中はBluetooth出なければ相手が上司であろうがお客様であろうが電話に出るのはやめましょう!

運転中に電話がなりBluetooth接続していない場合は誰であろうと電話に出るのはやめましょう。

気になっても無視する勇気を持って運転に集中しましょう。電話に出たばっかりにもし逮捕なんかされたら人生を棒に降ったのと同じです。

「運転中で電話に出れなかった」とあとで電話すれば誰も責める人はいません。

もし「運転中でも自分の電話に出る」ように迫る人は上司でもお客様でもありません。そんな人は切り捨てましょう。

これだけ世の中が「ながらスマホ運転」のことで話題になっているのにそこまで言う人は人間として理解できない人なんだと思いましょう。

しかし出来ることなら事前にBluetoothイヤホンなどでそうならないように準備をするのも自分でちゃんと責任を持って行いましょう。

まとめ

ながら運転でスマホを触らないよう努力しましょう。今までスマホを触る癖がついている人は今すぐやめましょう。

今すぐやめなければ逮捕されても文句は言えません。そうなる前に今すぐスマホながら運転はやめておきましょう。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事