pick up
iOS13.3でも改善しないWi-Fiが繋がらない/切れる原因はなぜ?解決策はあるの?

iOS13になってWi-Fiが繋がりにくい/途中で切断されてしまうなどの不具合に遭遇している方が多くいます。この記事ではWi-Fiでお困りの方に考えられる解決策をレビューします。

iOS13にアップデート後Wi-Fiが繋がりにくい症状が発生してiOS13.3までアップデートしたけど変わらないと言う方も多く、また逆にiOS13.3にアップデートして不具合が発生した方もいるようです。

Wi-Fiが切断された場合にモバイル通信でネットは使えますがWi-Fiが繋がらなければ月末にデータ通信が足りなくて困ってしまう方も多いと思います。

そこでWi-Fiが繋がらない場合の解決策をいくつかレビューします。ただしこの解決策で不具合が解決できるとは限りません。

OSが問題の場合はアップデートで改善されるのを待つしかありませんがそれまでのできる限りの改善方法をご案内します。

追加情報

iOS13.3.1がついにリリースされました。詳しくは下記のリンクからどうぞ

スポンサーリンク

iOS13.3にアップデート後にWi-Fiが繋がりにくい/iPhoneのWi-Fiが切れる場合

iPhoneのWi-Fiが繋がらない/切れるiOS13アプデ以降の方は、いつもと違うWi-Fiに接続してみましょう。

iOS13にアップデートして以降Wi-Fiが繋がりにくい症状が続く方やiOS13.3にアップデートしたらWi-Fiが切断されるようになった方もいるようです。

解決するにはいくつかの方法がありますがまず最初にいつも接続するWi-Fiと違うWi-Fiに接続できるかを試してみましょう。

どういうことかと言うとコンビニや携帯キャリアショップなどのフリーWi-Fiに接続して自宅や会社のWi-Fiと接続状況が同じで切断されたり繋がりにくいかを確認してください。

自宅に他のWi-Fiルーターがあればいつも使うWi-Fiと違うルーターなどに接続してみます。これは管理人が良く試す方法です。

管理人のiPhoneにはWi-Fiが繋がりにくい症状はないのですがMacをアップデート後に何度かWi-Fi接続が不安定で繋がりにくいことがあり試した方法です。

他のルーターに接続したらWi-Fiの問題が一発で解消できました。考えられる事としてはアップデート後にいつも接続していたルーターと何らかの問題が発生して繋がりにくくなっていたのかもしれません。

結局その時は他のルーターで問題なく接続できたためいつものルーターを再起動させる事で解決しました。

iOSではないので関係は薄いかもしれませんが同じWi-Fiルーターで何度も切断される場合は試してみるのも1つの方法です。

iOS13のアップデートが原因ではなくルーターが原因だったと言うこともあります。まずは念のために確認しておきましょう。

Wi-Fiに繋がりにくい場合はiPhoneの再起動をする

iPhoneに不具合がある場合は再起動が最も改善が見込める方法です。ちょっとしたフリーズや動作が不安定な場合などは再起動で解決することも多いです。

iOS13でWi-Fiが繋がりにくい問題に遭遇している方も再起動は試しているとは思いますが、まだ再起動をしていない方は再起動をしてみましょう。

OSのバグが原因の場合は再起動では改善の見込みは薄いかもしれませんが何もしていなければしてみる価値はあります。

iPhoneのネットワーク設定をリセットする

再起動しても改善がみられない場合はiPhoneのネットワーク設定をリセットしましょう。リセットするため再設定でパスワードなど忘れないようにしましょう。

ネットワーク設定をリセットするとWi-Fiのパスワードが消去されます。これは自宅も勤務先もモバイルルーターも全てのパスワードが消去されるため全て忘れないようにする必要があります。

リセット後に全ての再設定が必要です。インターネットの共有も再設定しなければなりません。VPNも設定が必要です。

そのためネットワーク設定のリセット前には全て忘れないように確認しておきましょう。

リセットすることで再起動同様に不具合が解消される場合があります。しかしこれもOSが原因であれば不具合が解消しない場合もあります。

iOS13.3ではBluetoothと干渉してWi-Fiが切れる場合はBluetoothをOFFにする

Twitterで報告されていますがBluetoothと干渉してしまう場合もあるようです。その場合はWi-Fiを優先してBluetoothをOFFにすれば問題がなくなるようです。

スポンサーリンク

iPhoneのWi-Fiが切れるだけでなくiPadでもWi-Fiが繋がらない症状が発生中

iOS13.3だけでなくipadOS13.3でもipadのWi-Fiが切れる症状が発生しているとの報告もあります。

Wi-Fiの不具合について再起動やネットワーク設定のリセットなどで改善したと言う報告もありますが全く進展がないと言う方もいます。

こうなるとiPhoneのWi-Fiが切れるから再起動したりする問題ではなく根本的なOSの不具合が原因だと考えられます。

OS自体が原因であれば個人でどうこう出来る問題ではありません。Appleのアップデートを待つしか本当に改善することはなさそうです。

現在Wi-Fiに繋がりにくく困っている場合に自分で出来る改善策としては再起動とネットワーク設定のリセットがありますが最悪iPhoneの初期化も考える必要もあるかもしれません。

しかし根本的な改善が望めない場合はデータ通信のみ使うようにするしかないかもしれません。

iOS13.3にアップデートしても良い人としない方が良い人

iOS13.3の不具合報告が多いのですがその中で’Wi-Fiについての不具合がiOS13から発生している人はアップデートをしても変わらないか若干改善する可能性もあります。

逆にiOS13からWi-Fiの不具合がない人はアップデートすることでWi-Fiに不具合が発生する可能性がありますのでアップデートは慎重にすることをお勧めします。

何をしても不具合が改善されない方はアップデートをしてみるのも対策ではないでしょうか?

iPhone11のWi-Fiが遅いと言う人も?

管理人も気がつかなかったのですがiPhone11のWi-Fiが遅いと言う情報をよく見かけるためiPhone8と比べてみました。

するとiPhone11の方がネットの接続が遅いことに気がつきました。Wi-Fiではなくデータ通信でもなぜか遅いです。

理由は調べる必要がありますが何度試してもiPhone8の方がページ表示速度が早いです。

iOS13.3のWi-Fi不具合が報告されている内容は?

https://twitter.com/SukuSuku_unpc/status/1209616400521629697?s=20

iPhoneのWi-Fiの不具合がどうしようもない場合はアップルサポートで相談する

どんなことを試してみてもWi-Fiが切断されたり繋がりにくい場合はアップルサポートに相談して状況を伝えましょう。

管理人も良く利用するのですがアップルサポートはとても使いやすいサービスです。まず自分のiPhoneの設定を開いて一般をタップ、次に1番上に表示されている「情報」をタップするとあなたのiPhoneの情報が表示されます。

その中にシリアル番号がありますのでその番号を控えてネットで入力してどのiPhoneがどんな不具合があるのかを専門のスタッフに伝えれば詳しく教えてもらえます。

難しいことについてはスペシャリストに変わってもっと詳しく解決方法を提案してくれます。

Appleサポートを利用したい場合の流れをレビューした記事を下記にリンクしていますのでどうぞ

iOS13.3でメールが不具合?

iOS13.3がアップデートされるのを待つ

それでもWi-Fiの接続が切断されたり繋がりにくい不具合が解消されない場合はiOSのアップデートを待つしかありません。

何をしても問題が解決しなければ完全にOSのバグが問題であるためiOSがアップデートされない限り解決は難しいと言えます。

アップデートがある時はリリースノートにどんな不具合が改善されたのかの内容が記載されていますが、そこに記載されていない場合もあります。

管理人のiPhoneもリリースノートには記載されていなくても解決した問題は多くあります。

管理人はiOSがアップデートされるたびにすぐにアップデートしています。

不具合になろうがなるまいが関係なくすぐにアップデートをしていますのでアップデート後に不具合があれば情報をブログで更新します。

アップデート が心配な方は管理人を人柱に状況を確認した上でアップデート をしてみるのも良いかもしれません。たまに忙しくて数日忘すれていることもありますが気がついたらすぐにアップデートします。

それでも解決しない場合はiPhoneをダウングレード

アップデート してから不具合に悩まされている方はアップデート 前に戻したい方もいるのではないでしょうか?

その場合はダウングレードすることで不具合の前に戻すことも可能です。ただしアップデート 前のiPhoneをバックアップしておく必要があります。

MacであればFinderでバックアップをとっておきそのバックアップのiPhoneに戻せばアップデート前の状態になります。

ただしダウングレード出来るOSは限られています。新しいOSをリリース後数週間程度の間でダウングレードできますが時間が立ちすぎるとダウングレードできなくなります。

その場合は新しいOSが出ている可能性が高いためダウングレードではなくアップデートをした方が良いです。

因みにiOS13.3にアップデート して困っている場合は前のバージョンであるiOS13.2.3にダウングレードできます。

ダウングレードはiOSのファームウェアダウンロードページから入手できます。入手したい場合はこちらをクリックすればリンクにいけます。

ダウンロード後はパソコンならiTunesで復元します。Macの最新OS CatalinaであればFinderで復元をしてダウングレードができます。

ダウングレードはどうしても困ってiPhoneを使う上で支障が出て使えないくらいの場合のみお勧めします。それ以外はアップデートを待つのが賢明です。

iOS13.3でバッテリーの不具合やSafariの不具合でお悩みの方は下記リンクを貼っていますので参考にどうぞ。

まとめ

iOS13は不具合が多いOSだと言えます。この記事ではその中でもWi-Fiについて繋がりにくい状態の改善方法をいくつかレビューしました。

必ずこの通りではありませんが何もしないよりは改善見込みは増えます。

今Wi-Fiが繋がりにくくてお困りの方は試してみる価値はあると思います。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事