pick up
Galaxy Z Flip の耐久性はどうなの?気になる製造工程をチェック!

ディスプレイが折れ曲がるサムスンGalaxy Z Flip はどうやって作られているのか気になりますよね。

サムスンが製造工程を一部動画で公開していますので早速チェックしてみました。

どのようにして作られているのか?スマホが作られるところはあまり見ることも無いので興味が湧きます。

またGalaxy Z Flip を購入しようかなと考えている場合は耐久性も気になるところです。耐久性やディスプレイがどれだけ丈夫かもテストした動画もチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

ギャラクシー製造工場でZ Flipが作られる?

サムスンが今回Galaxy Z Flip をどのように製造しているのかを一部公開していますので見てみましょう。

食品や車の製造工程はよくみますがスマホの製造工程はあまり見ることが無いためどのようにして製造されているのかも確認できます。

ちゃんと縦折りスマホが出来上がっていきます。

傷が入らないように慎重に丁寧に尚且つ続々と製造されていきます。

驚いたのは製造中に電源が入っていて画面には何かアプリが開いているのか設定画面なのかが動いています。

製造ラインの中だと思われますが何台も電源が入った状態で中もチェックしているのでしょうか?

スポンサーリンク

Galaxy Z Flip の耐久性はどれだけ?

Galaxy Z Flip の耐久性はどうなのかと言うと既に耐久性をテストしたYouTuberのJerryRigEverythingのZack氏はガラス画面をスクラッチテストをしてどうなるのかを動画で公開しています。

その結果はなんと画面にうっすらと傷が入ってしまっています。ガラスディスプレイと言っても超極薄ガラスなので傷が入ってしまうのでしょうか?

でも普通は鋭利な刃物で画面を傷つけることはしませんので通常の使い方であれば問題ないのではないでしょうか?

なんともったいないテストですね。傷が入ったままでも良いのでください。

画面は薄いガラスのためこんな鋭利な刃物で傷つければ記事は入るものと思われますが問題はヒンジがどれだけ耐久性があるのかです。

実際には買った人がハードに使ってどれだけ持つのかが重要になるため時間がかかると思います。

サムスンの耐久テストはクリアしているとのことなので多少のことでは壊れないと思います。

これは無理にハードなテストをするのではなく普通に使っていく上でどれだけ耐久性があるのか?何年くらい持つのかを知りたいところですが現在はまだ発売されたばかりで実際に多くの人に行き渡りハードな使い方をしてクレームを言う人が現れるまではわかりません。

まとめ

日本ではGalaxy Z Flip はauから2月28日に発売される予定です。これから手に入れたい人は耐久性も気になると思いますが通常の使い方をすれば問題ないと思います。

問題はどれくらい持つのか?今までにないガラスが曲がるスマホなので最初に購入する時は勇気が入ります。

それは金額も高く超極薄ガラスディスプレイがどれだけ耐久性があるのかわからないためです。金額が安ければ、まあ、良いか!で終わりますが高額であれば気になります。十分に調査検討して買いましょう。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事