pick up
iOS13.5正式版リリースで何が変わった?新機能と不具合の改善

今回AppleがリリースしたiOS13.5はコロナ対策を大幅に強化しました。iOS13.5にアップデートすることでどのように変わったのでしょうか?

AppleとGoogleが4月に発表していた接触追跡APIが追加されてコロナ感染者と接触したのがわかる機能とコロナでマスクをつける習慣が増えたためマスクしてても顔認証をスキップしてパスコードがすぐに入力できるようになっています。

またコロナで会議や3蜜を避けるためFaceTimeビデオ通話で話している人が拡大される機能も拡大を無効にできるように変更されました。

その他今までの不具合やバグの改善なども含まれていますがどのように改善されたのかも気になるところですよね。

このコンテンツではiOS13.5がリリースされて何がどう変わったのか知りたい人に向けた記事です。

スポンサーリンク

iOS13.5で新しくなったマスクメインの新機能って何?

iOS13.5にアップデートすることで今までにない新しい機能が追加されます。どのような機能が追加されたのかを具体的にリリースノートの内訳を確認していきましょう。

Face ID とパスコード

  • Face ID 搭載デバイスでのマスク着用時のロック解除操作を簡略化
  • マスク着用時にロック画面の下端から上にスワイプすると、パスコードフィールドが自動的に表示
  • App Store、Apple Books、Apple Pay、iTunesや、Face IDでのサインインに対応するその他のAppでの認証時にも使用可能

これはFace IDでロック解除するときにマスクをしていたら解除できず、パスコードの入力が求められますが、今まではFace IDでロック解除できない場合にパスコード入力をしなければなりませんでした。

しかし今回iOS13.5のアップデートではマスクをしていればFace IDにはならずiPhoneのロック画面を下から上にスワイプすればすぐにパスコード入力ができるため早くなります。

またAppストアやApple PayなどFace IDが必要だった機能も同じようにマスクをしていれば最初からパスコードでロック解除できるのは便利です。

コロナでマスクが欠かせなくなった今では逆に便利な機能と言えます。

接触通知

  • 公的保健機関から提供される新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触追跡Appに対応する接触通知API

これはコロナの感染拡大で感染者と接触したかどうかがわかる新機能です。これは4月にAppleとGoogleが共同で取り組み5月にAPIを提供していずれアプリではなく機能自体がオプトインされる見込みの機能です。

また世界各国の保健機関がこのAPIのアクセス権を受け取ったとのことで日本では厚生労働省がこのAPIを使って独自のアプリをiOSとAndroid向けに公開する見込みとのことです。

これはどう言う仕組みかと言えばコロナ感染者がアプリで申告しなければなりません。申告していれば接触した人はBluetoothでコロナ感染者に接触したことがわかる仕組みです。

ただ位置情報は収集しないため申告した人に近づいたかどうかがわかる仕組みと言うことなので個人を特定することはできませんので安心です。

この機能を使うかどうかは個人の自由です。モラルの問題になるためコロナに感染したことがわかれば申告する人は多いと思いますが中には申告しない人もいるかもしれません。申告しなければ接触してもわからないためみんなで協力する必要があります。

FaceTime

  • グループFaceTime通話で参加者が話しているときにビデオタイルのサイズが変行されないように、自動的に目立たせる機能を制御できるオプション

この機能では今までFaceTime通話をしていたら参加者が話しているときにビデオタイルが拡大表示されていたのですがその機能を無効化できるように変更されました。

コロナの流行でFaceTime通話で会話することも増えている現在では人によってはタイルの拡大が必要ないと思っている場合に便利な機能です。

スポンサーリンク

iOS13.5アップデートでのバグ修正と改善されたところは?

このアップデートではバグや不具合の改善も含まれています。今回Appleがリリースノートでアナウンスしているものは主に下記のものです。

  • 一部のWebサイトからストリーミングビデオを再生しようとしたときに黒い画面が表示されることがある問題を修正
  • 共有シートでおすすめやアクションが読み込まれないことがある問題に対処

主にはこの2点がリリースノートでは記載されています。他にもリリースノートでは記載されていない不具合などの改善もあるかもしれませんが現在のところはまだ不明です。

いずれアップデートしたユーザーからの報告などで前よりよくなったと言う声や、逆にバグが発生したとの声も聞かれそうですね。

iOS13.5にアップデート後に報告されている不具合

グラブル関連の不具合は継続中の模様です。

iOS13.5にアップデート後にツイステのエラーになっている人も入り模様

他にもマスクをしていてもFace IDが解除になるバグはそのまま継続中

Bluetoothが勝手に解除される不具合も確認されていますが継続的なものかどうかは確認が必要です。

まだ他にも小さい不具合などはあるようですがもう少し時間がたてば不具合が改善した声や逆に不具合になった情報なども増えてくるものと予想されます。

まとめ

iOS13.5にアップデートすることで不具合の改善が見られる人や、新たにバグが発生してしまう人もいるかもしれませんが今回管理人がアップデートした限りでは今のところ不具合などは感じません。

まだアップデートを躊躇っている人はこの記事を見て参考にしていただけれなと思います。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事