pick up
サポカー補助金はいくら?対象車種で金額が違うのはなぜ?

サポカー補助金で車を買おうかどうしようか迷っている方は多いと思います。そこでサポカー補助金って言うけどなぜ補助金の金額がなぜ違うのかを知りたいですよね。

サポカー補助金をよく理解して納得した上で車を買って安全運転に貢献しましょう。

この記事はサポカー補助金の金額が車種ごとになぜ違うのか知りたい人向けです。

スポンサーリンク

サポカー補助金は購入する車で違うのはなぜ?

サポカー補助金は購入する車で金額が違います。なぜ車で違うのかと言うと安全性が高くなれば補助金も高くなると言うシステムだからです。

補助金はサポカーかサポカーSかで変わります。そこでこのサポカーとサポカーSの違いをみてみましょう。

サポカー

サポカーとは衝突被害軽減ブレーキ「通称、自動ブレーキなど」が装備された車です。

サポカーS

サポカーSとは衝突被害軽減ブレーキ+ペダル踏み間違い急発進抑制装置がどちらも装備された車です。

衝突被害軽減ブレーキとペダル踏み間違い急発進抑制装置がつけばお店に追突することも減ります。

違いは「通称、自動ブレーキ付き」か自動ブレーキと踏み間違い装置付きがどちらも装備された車かで補助金は違います。

補助金はサポカーで新車の普通車を購入した場合に6万円が受け取れます。

サポカーSの車を購入した場合は10万円が受け取れます。

軽自動車を購入した場合は補助金額は違います。

軽自動車を購入した場合はサポカーの場合は3万円受け取れます。

サポカーSの車を購入した場合は7万円受け取れます。

また中古車でも衝突被害軽減ブレーキ付きの車両もしくは衝突被害軽減ブレーキ+ペダル踏み間違い急発進抑制装置付きであれば補助金の対象になります。

これもサポカーとサポカーSで補助金は違います。

サポカーで中古車を購入した場合2万円の補助金を受け取れます。

サポカーSで中古車を購入した場合4万円の補助金を受け取ることができます。

内訳は下記の通りです。

サポカー補助金がもらえる内訳 
サポカーの種類サポカーSサポカー
新車登録車(65歳以上)
10万円6万円
新車軽自動車(65歳以上)7万円3万円
中古車(65歳以上)4万円2万円

サポカーと言っても安全装置の内容や普通車か軽自動車か新車か中古車かで変わります。

スポンサーリンク

サポカー補助金の対象車両はどの車?

サポカー補助金の対象車両はメーカーや車ごとに違います。同じ車でも安全装置によっては補助金額も違ってきます。

ではどのような車が対象になるのかは現在販売中の車が全て記載された総務省のリンクを下記に貼っていますのでどうぞ。

サポカー補助金はメリットは何?

サポカー補助金は車を買おうとしている人にはメリットが大きいと言えます。

理由は安全な車を購入して国から補助金がもらえるのは単純にお得です。

通常は車を買っても値引きやメーカーのキャッシュバックしかなく国から別途お金がもらえるのはものすごくメリットがあります。

それもずっともらえるわけではありません。今だけです。予算には限りがあり予算がなくなれば補助金はもらえなくなるため補助金がもらえればメリットは大きいと言えます。

サポカー補助金のメリットについて詳しくレビューした記事を下記にリンクしています。興味のある方はどうぞ

サポカー補助金のデメリットは何?

サポカー補助金のデメリットは何があるのでしょうか?

最大のデメリットは車を購入するためにお金がかかると言うことです。

理由は補助金よりも遥かに多くの支払いをする必要があるため結局は自分のお金が減るために金銭的には損をします。

車を買うタイミングが近く安全運転も視野に入れている人でない限りデメリットになります。

サポカー補助金のデメリットについて詳しくレビューした記事を下記にリンクしています。興味のある方はどうぞ

まとめ

サポカー補助金は車を買おうとしている人にとって決断を促すには非常に有効なものです。

家族で車を買おうか迷っていれば間違いなく購入するための決定打になります。

ただし65歳以上の方限定ですがどのような方が1番良いのかと言うと子供が車の運転を心配していて事故を起こす前に買い替えようとするのであればチャンスです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事