pick up
ドコモのギガホ60GBで高くなったのはなぜ?シュミレーションでシェアパックと徹底比較!

ドコモのギガホがかなりお得になると言うことで管理人も考えましたが容量が30GBしかなく毎月足りないのでスルーしていました。

しかし2020年1月1日からは60GBに増量することが発表されたので早速ギガホにしようと思った方も多いのではないでしょうか?

当然、管理人もすぐに飛びついて60GBで30GBの料金ならお得だからすぐに契約しようと思いました。

ギガホでアマゾンプライムビデオが観たい人にもわかりやすくご案内します。

そこで本当にギガホにした方がお得なのかまだ待った方が良いのかを検証しました。

この記事はギガホにしようかシェアパックのままが良いのかどちらがお得か迷っているあなたに向けた記事になります。

スポンサーリンク

ギガホ60 GBと今のプラン[シャエアパック50]はどっちがお得なの?

ドコモ 60ギガになったギガホはドコモ シェアパックとどっちがお得?

結論から行ってしまえば管理人の場合はシェアパックの方がお得でした。

理由は月々サポートがあるため終了するまではシェアパックの方がお得になりました。

これは人によって違うので一概には言えませんが管理人の場合はシェアパックが安くなったのです。

この計算はどのようにして計算をしたかと言うとmy docomo の料金シュミレーションで計算できます。

シュミレーションでドコモに計算してもらった物なので管理人の契約内容の場合は間違いなくシェアパックがお得になると言うことですね。

月々サポートがある人はギガホよりシェアパックがお得!

スポンサーリンク

ギガホよりシェアパックがお得になったのは何で?

ギガホよりどこがお得になったの?

シュミレーションをするとシェアパックの方がお得なのは月々サポートがあるためですがどんな内容でお得なのかを詳しく比較しましょう。

まずは管理人の契約内容がどんなものかを確認しましょう。これは11月の内訳を例にしています。

ドコモでの契約内容 11月の場合
主契約管理人のiPhone11ProMax22,223円
家族1iPhone118,016円
家族2iPhone84,505円
家族3GalaxyS812,321円
iPadiPadPro12.92,401円
データ通信モバイルルーター1,530円

これはドコモ光の料金は省いています。それにしても高いですね。最近買い替えた機種代金など追加されて1万円以上高くなっています。

少しでも安くしたいのでギガホにすることでどれだけ安くなるか気になるところです。

これをドコモの料金シュミレーションでどんなふうに金額が違うのかを見ていきましょう。

まず毎月のドコモの支払いを観てみましょう。11月はたまたま交換プログラム費用や機種変更して費用が増えています。他の月よりも高くなっていますがこのまま検証してみましょう。

7回線で平均3万ちょっとなのですが11月は高いですね。

次に回線別に11月の料金がどのような内容か確認しましょう。

この料金の(自回線)はシェアパック50の基本料金16,000円が含まれています。

これをドコモのサイトでギガホにした場合のシュミレーションをしてみましょう。どれだけ安くなるのか具体的にわかる「しっかり料金シュミレーション」をしてみます。

これはドコモ光を除いた端末を今の料金と比較して計算出来るシュミレーションです。安くなれば嬉しいですね。

6回線全てをまとめてシュミレーションします。

シュミレーション結果が出ました!さてどれだけお得になったかな?

えー!

ギガホより現在のプランの方がお得じゃないか!

ギガホよりも現在のシェアパック50の方が589円も安いと言う結果に!

これはどう言うことかと言うと月々サポートが適用されているためサポートが終了するまでは現在のシェアパック50の方が安くなったのです。

ドコモが言うので間違いありません。他の人が行っているのではなくドコモが「ギガホよりも安いですよ。」と言っているからその通りなのです。

それぞれの端末の月々サポートの終了する月まではわかりませんがサポートが終了すればギガホの方がお得になると思いますが現在は管理人の場合は割高になってしまいます。

通常はドコモはギガホを推進しているので早くギガホの変えるようにしたいと思いますがシュミレーションでは正直に教えてくれるのでさすがドコモですね。

望んでいないにもかかわらず現在の方がお得になることをちゃんと教えてくれるので安心して使えますね。

これで使い方が変わったり端末数が変わればギガホの方がお得になることもあると思いますのできちんとシュミレーションをして検討してみるのも良いと思います。

複雑な料金の仕組みなのでわからないと言う方も多いと思いますがきちんとシュミレーションをすれば結局どちらがお得なのかわかります。

今回はMacでwebシュミレーションをしましたがスマホでも可能です。

ここではiPhoneでシュミレーションの仕方をご案内します。

まずドコモのアプリ「dメニュー」「もしくはmy docomo」をダウンロードします。

どちらからでもシュミレーションできますがdメニューの方がわかりやすいです。

これでドコモのギガホと今のプランのどちらがお得になるのかがわかります。

ではdメニューをダウンロードしたら開きましょう。dメニューを開いたら料金をタップします。

料金のトップページを下までスクロールして下記の画像まで来ると「おすすめプランを確認してお手続きする」をタップします。

「おすすめプランを確認してお手続きする」をタップすると「しっかり料金シュミレーション」が開きます。

あとは先ほどのwebのシュミレーションと同じ内容が表示されるため「まとめてシュミレーションするだけです。

30GB以上使うけど60GBは使わない人はどっちがお得?

これは一概には言えませんが先ほどのシュミレーションで答えは出ます。元々は管理人もシェアパック30にしていましたが微妙になりないことが多く50GBに変更しました。

でも50GB使うことは少ないため毎月10GB程度余る状態だったため自宅でWi-Fiに接続せずにiPhoneは使うようにしました。

それでも余るのでもったいないのでギガホが出た時はすぐに変更しようかとも思いましたが30GBだとやはり足りないため躊躇していました。

そこにギガホ60GBが登場したので大容量で安くなればと思いシュミレーションしました。

結局今のプランがお得でしたがAmazonプライム会員になりたい方や30GBで足りる方はギガホの方がお得になりそうですね。

まとめ

ドコモのユーザーで現在ギガホにしようかどうか迷っている方はシュミレーションをおすすめします。

シュミレーションをして本当に自分にあったプランでスマホを楽しみましょう。

しかしいずれ5Gが主流になればギガホなどの大容量プランの方がお得になり皆がそのプランにすれば相乗効果で料金も安くなるかもしれません。

シュミレーションをしてみて少しでもお得になる人はギガホにして大容量を楽しみましょう。

管理人は別にドコモの回し者ではありません。自分がシュミレーションした結果をレビューしてこの記事をご覧の方にお得にスマホが使えればと思います。

ドコモユーザーの方でau、ソフトバンクも気になる方は結局どこがどれだけお得なのか比較したレビューもあるため気になる方は下記からどうぞ。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事