pick up
シャープマスク第2回抽選日はいつになる?次はサイトに繋がるの?

2020年4月27日にシャープマスクの抽選販売のための応募が行われましたが見事応募できず、シャープマスクサイトにつながらずアクセスすらできなかった人は多いと思います。当然管理人も抽選応募サイトにアクセスしましたが全く応募できませんでした。

そこでこの記事を執筆時点では発表されていない次回の抽選日がいつなのか?どのように行われるのか予測して先回りして今度こそシャープマスクをゲットできるように検証したいと思います。

結論から先に言えば管理人の予想では5月7日頃に第2回目の抽選の応募が行われるのではないかと推測しています。

シャープマスクが買えないとなぜか余計に欲しくなる。買えなければ買えないほど欲しくなってしまいますよね。プレミアがついたような気分になってしまいます。

しかし1番の問題は次のシャープ抽選販売応募サイトにアクセスできるのか?ということですよね。そこも検証しています。

追加情報

シャープマスク抽選で当選した人が発表されました。当初の予想よりさらに増産され40,000人になり10,000人増えました。

応募総数は4,706,385人です。これは当選確率が低いです。アクセスできていない人もいるため抽選に当たるのはハードルが高いので第2回目もアクセス集中が予想されます。

1つだけ見逃せないポイントはシャープが発表した内容によれば第1回目の抽選応募が完了した人は次の応募はしなくても対象になるということなので昨日よりも抽選応募のアクセスが確実に減るものと思われます。

このコンテンツは第1回シャープマスク抽選販売サイトにアクセスできなかった人が第2回抽選日がいつになるか気になる人へ向けた記事です。

スポンサーリンク

シャープマスクの第2回抽選販売の応募はいつになる?

シャープマスクの抽選サイトにアクセスすらできなかった人は悔しい思いもしたのではないでしょうか?

そこでシャープが予告している第2回抽選販売の日程について予想してみました。

今回のシャープマスクは抽選後に販売される個数が40,000箱ということになっています。

シャープマスクの第1回抽選日は本日4月28日火曜日です。そして抽選が行われて販売が開始されるのは4月28日午後13時から販売開始されます。

販売期間は4月28日午後13時から5月3日の午後17時までとなっています。

この6日間で40,000箱が販売されるため販売期間中は第2回抽選応募がされる可能性は低いと考えられます。

理由は今回も抽選販売の応募サイトがサーバーエラーで再び繋がりにくくなり、応募さえできない人が続出しシャープの中の人も謝罪していたためなんらかの対策を講じるのではないかと考えられるからです。

対策を講じるのであれば少なくとも時間が必要です。前回の当初の販売日にサーバーがダウンして販売中止になり今回の抽選販売に変更するために約1週間ほどかかっているため対策するのは同じくらいの時間が必要になるのではないでしょうか?

いずれにしてももう少しアクセスできるようにならなければ応募できない人が続出します。

その対策期間や販売される期間、シャープのゴールデンウィーク期間などを考慮すればシャープマスクの次回抽選日は5月8日頃になるのではないかと推測されます。これはあくまでも予想です。

理由はまずシャープのゴールデンウィーク期間が2020年4月29日から5月6日まで休業するからです。しかし工場では毎日在庫を補充するとのことなので製造は続けられるようです。

そして5月7日に抽選販売の第2回目の応募が開始されて5月8日に抽選日といった流れになるのではないでしょうか?

販売期間中は工場は稼働するようですが最低限の人数で稼働するものと思われるため休業期間中は新たな展開がないのではないかと思われますがどうなるのでしょうか?

これはシャープだけにしかわかりませんが休業期間であれば新たな動きは休業明けになると考えるのが普通です。

いずれも予想ですが次の抽選日の応募では確実にアクセスできるように準備するのに早めに日程がわかると良いですね。

もちろんシャープから正式な日程が発表されたらすぐに正確な情報をご案内します。

スポンサーリンク

第2回目からの販売数量はどれくらい?

第1回目の抽選応募に登録できた方でシャープマスクが購入できるのは30,000人でしたが急遽増産され40,000人が抽選で選ばれました。昨日の抽選に応募できた方でも本日の抽選で当たらなければ次の第2回抽選販売に応募しなければなりません。

シャープの発表では当初1日に製造できるマスクは15万枚と発表していました。そして軌道に乗れば1日の生産能力は最大で50万枚を目指すとのことです。50枚入りの箱であれば1日あたり10,000箱です。

生産能力が1日で50万枚ということは50枚入りの箱で販売すれば1日あたり10,000箱が限界です。

政府への納入なども考えられるため全てが個人販売になるとは考えられませんが平日にフル稼働で生産された場合で週に50,000箱分です。

それを考えれば現在シャープが発表している生産能力では1週間で50,000箱のため個人には40,000箱程度の販売になるのではないでしょうか?

そうすると毎週抽選されて毎週40,000箱が販売されていくという流れになることが予想されます。

これはあくまでも現在シャープが発表している生産能力で販売される場合の予想ですが月間で約160,000箱が個人に販売されるのではないでしょうか?

このことを考えればシャープマスクを手に入れるのは結構難しい気もしてきますが現在予想できる流れとしてはこのようになります。

追加情報

この記事を執筆したあとでシャープからの発表があり抽選販売が40,000箱に増産されるようになりました。しかし第1回目の応募総数が470万人以上いたため次の第2回目の抽選でも100倍以上の競争率が予想されます。

第2回シャープマスク抽選販売の応募はアクセスできるのか?繋がるのか?

第1回シャープマスクの抽選販売の応募でなかなかサイトにつながらず応募すらできなかった人は次の第2回目があったとしてもアクセスできるのかということが頭を過ぎると思います。

なぜなら昨日は1日中シャープの抽選販売サイトにつながらない人が続出したため、次も同じようにアクセスが集中してつながらないのではないでしょうか?

昨日シャープマスクの抽選応募に登録できた方は次回抽選販売の対象になるとのことなので約470万人は抽選のための応募アクセスは確実に減ります。昨日どれだけの数のアクセスがあったかわかりませんがまだ応募できなかった方のアクセスが次の抽選応募に集中することが予想されるため次も混雑しそうですね。

応募期間が増えたりマスクの販売量が増えて通常販売でマスクが潤沢になるまではアクセスが集中することが予想されるため何らかの対策が講じられれば良いのですが現状ではおそらく次の応募もアクセスが集中することが考えられます。

昨日は終日サイトにアクセスしにくい状況が続いたためおそらく次の応募でも同じような状態になる可能性は高いものと思われますよね。

昨日のアクセスで応募できた人は約470万人ですが実際に繋がることなく終わった人も多いと思います。そのため次の応募もアクセスが集中することは必至です。

そこを考えればなるべくサイトに繋がるようにするには個人ができることといえば時間帯を考えてアクセスするしかありません。

Wi-Fi環境やキャッシュのクリアなど自分でできる対策を行った上でもサーバー側が問題であればどうしようもありません。

今回と同じような時間帯で応募を受け付けるのであれば深夜0時から混雑が予想されます。狙い目は朝方4時から6時頃だと思いますが皆が狙ってくればその時間もアクセスが集中することも考えられます。

しかし時間帯としては1番確率の高い時間帯はこの時間帯です。

まとめ

なかなか手に入らないシャープマスクはサイトにアクセスすらできない状況が繰り返されていますが第1回目の抽選のための応募は終わりました。

応募できなかった人は多いのではないでしょうか?そして応募できたとしても抽選に当たらなければマスクの購入はできません。

抽選に外れた人や応募できなかった人は次の抽選日が気になります。いつなのか早く知りたいですよね。管理人ももれなく応募すらできなかったため日程に注目していきますので新しい正確な情報があればすぐに報告いたします。

シャープマスクが気になる人は下記の関連リンクからどうぞ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事