pick up
Apple製品は納期が遅延?コロナウィルスの影響で世界的に供給不足に

アップルが新型コロナウィルスの影響を受けて1月から3月の売り上げを達成できないことを発表しましたが、これはしばらく中国での製品供給が不足することを意味します。

iPhoneなどもうすぐ新型が出るのではないかと言われている新型の供給にも影響が出るのではないかと思われます。

今までも言われていましたがアップルが正式に発表したことで現実に供給不足になることがわかりました。

このコンテンツはApple製品の納期が心配な方に向けた記事になります。

スポンサーリンク

iPhoneの供給が不足することを示唆

アップルは生産拠点が主な中国で新型コロナウィルスの感染拡大により工場がフル稼働出来ずiPhoneの供給が不足するとの見方を示しました。

これに伴い1月から3月の業績見通しも目標が達成出来ないことを発表したためアップル製品が不足してくることが判明しました。

ただでさえ人気商品の場合は納期に時間がかかり待ちきれなくなるのですが今回は工場がフル稼働出来ない状況が大きく影響は出てくるものと思われます。

最近はiPhoneの納期が遅いと言うことが少なくなりましたがAirPodsproなどの人気商品は常に商品が不足しておりアップルオンラインストアでは納期が1ヶ月以上先になっており早く欲しいと思ってもなかなか手に入りません。

しかし3月に発売される見込みのiPhone SE2(9)の発売は最新の情報では4月3日ころとの情報もありますが発売されても納期に時間がかかることが予想されます。

新型iPhone SE2/9については廉価版と言うこともあり世界中で幅広く販売されるようですが、そうなるとますます供給不足になるのではないかと思います。

まだしばらくコロナウィルスの影響は受けそうな状況ですが工場がフル稼働しなければ生産に遅れが生じるのは当たり前のため待つしかなさそうですね。

コロナの影響で発売延期が現実的に?

スポンサーリンク

世界的に今までにない状況

過去にサーズやマーズなど感染症の流行が度々起こりましたが、iPhoneの製造にさほど影響が出るような状況は少なかったようですが今回は発生源が中国であり感染者数も多く製造工場にまで影響がで初めている状況は今までにあまりないためどうなるのかがわかりません。

Appleユーザーの方で新商品が発売されればすぐに欲しい人は多く誰よりも早く手に入れたいと考えるのは当たり前ですが今回は少し事情が違います。

世界的に新型コロナウィルスの感染を防ぐための処置が取られる中で部品供給や製造、輸送などあらゆる分野で影響が出ることは避けることが出来ないため生産が遅延することを理解する必要があります。

まとめ

今回のアップルの発表を受けて今後は新製品などの納期に時間がかかることが予想されるため早く下の状態に戻るのを待つしかありません。

現在Apple製品を注文していて納期が長くて、まだかよーと待っている人などもいると思いますがここは待つしかありませんので気持ちを切り替えて待ちましょう。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事