pick up
2020 ストロベリームーンはいつ?何時から見れる?名前の由来は何?

満月にはいろんな名前がつけられています。2020年6月の満月はストロベリームーンという名前ですがなぜストロベリーなのか気になりますよね?

そこでストロベリームーンはなぜストロベリーという美味しそうな名前になったのか?そしていつ見れるのか?時間は何時から見れるのか?など様々な謎をレビューします。

のコンテンツはストロベリームーンの名前の由来やいつ見れるのかなど気になる人に向けた記事です。

スポンサーリンク

2020年のストロベリームーンはいつ?何時から?

2020年6月6日に日本では満月が訪れます。この日の満月のことをストロベリームーンと呼びます。

6月6日の夕方から天気がよければ綺麗に見ることができるとは思いますが果たして天気が良いのか気になります。

時間は6月6日の午後19時30分頃から月が昇り始め翌日の朝方4時30分頃に沈みます。

この時間帯に天気がよければ綺麗に見れるかもしれません。方角は東南東から昇り始め西南西に沈みます。

この記事を執筆時点ではまだ天気予報が発表されていないためわかりませんが昨年の6月前半は比較的曇りの日が’多く6日は雨模様でした。

今年はどうなるでしょうか?夜間だけでも綺麗に澄み渡った夜空をみたいものですね。

スポンサーリンク

ストロベリームーンの名前の由来と意味は何?

ストロベリームーンの名前の由来はアメリカの先住民であるネイティブアメリカンたちが名付けた満月の名前があり、それが’世界中に認知されて様々な月の名前が伝わりました。

その中のひとつであるストロベリームーンとはイチゴの収穫時期に見られる満月をストロベリームーンと呼ぶようになり現在に伝わっています。

しかしこれはアメリカでの呼び名でありヨーロッパなどでは別の呼び名があります。ハニームーンやミードムーンなど違った呼び名が名付けられています。

日本ではストロベリームーンを赤い月だと言うことが多いのですが、夕焼けと同じ原理で赤く見える状況をイチゴのように赤く見えるためストロベリームーンと名付けられたと言う誤った情報が拡散していますが実際にはネイティブアメリカンのイチゴの収穫時期に由来する名前です。

ストロベリームーンハムって何?

またネットではかなり多くのストロベリームーンがハムに見えると言う情報が’反乱しています。これはTwitterで話題になりストロベリームーンハムで検索すればハム画像もたくさん出てきまうす。

確かにストロベリームーンのピンクがかった色にクレーターの影の部分がハムにそっくりです。

ハムを真上からじっと見えいると満月に見えてしまうほどそっくりです。最初にこれを思いついた人は天才ですよね。

まさかハムに見えるなんて思いもしません。でもそっくりなのです。

これを知ってからは赤い月はどう見てもハムしか見えません。管理人にはストロベリームーンと言うよりはハムムーンに見えてしまいます。

この事実を知ってからはどう見てもハムにしか見えません。

ストロベリームーンも美味しそうな名前ですがストロベリームーンハムも美味しそうですよね。いずれにしても食べ物に見えてしまうのは変でしょうか?

まとめ

ストロベリームーンは6月6日の夜7時30分頃から翌日の早朝4時30分頃まで天気が良ければ見ることが可能です。

名前はイチゴの収穫時期だからネイティブアメリカンたちが名付けたのが始まりです。

そして最大のポイントは名前が美味しそうな名前だと言うことです。ハムに見える管理人はそこが最も印象に残ってしまいます。ぜひ赤く染まった満月を見てみたいものですね。

ムーンの関連記事

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事