pick up
5Gって何?スマホが今より100倍早い通信速度になるって本当?

2020年の春よりキャリア各社が揃って5Gをスタートさせます。5Gってよく聞くけど一体なんなのかがよくわからない方も多いと思います。

5Gについていつから始まりどこまで使えるのか?なぜ4Gよりも100倍早い通信速度なのかをわかりやすく検証しています。

このページは5Gとはなんなのか?今の4Gと比較してどのようになるのかを簡単にわかりやすくレビューした記事です。

スポンサーリンク

5Gって一体なんなのか?簡単に教えて

5Gとは第5世代移動通信システムです。昔のガラケーの時代は第1世代から始まりました。それが5Gでは第5世代になります。

現在あなたが使っているスマホは4Gです。スマホによってはLTEと表示されています。

5Gとは4Gの通信と比べて約100倍の速さを誇る通信だと言うことです。

現在は人が多いところや、昼休みや夜などネットが集中する時はネットがなかなかつながらなかったり接続されても遅延が発生してイライラすることもあると思います。

5Gではそうした遅延が大幅に少なくなることが予想されます。

5Gは同時に通信することが可能になる量が格段に増えます。イメージとしては昔の3Gから4Gに変わった時にネットの速度が早くなったのと同じようにネット接続が早くなります。

5Gは「超高速」で繋がり「大容量」のデータが使えて「低遅延」でサクサクネット通信が可能です。また同時に接続可能な数も格段に多く人が集まる場所でもネットが繋がりやすくなります。

2020年3月以降に5Gがスタートすれば東京オリンピックなど人が集中するような場所でも快適にネット接続ができるようになります。

スポンサーリンク

5Gはいつから始まるの?

5Gは2020年春より各キャリアからスタートします。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天の4社が5Gエリアを普及させていきます。

楽天は少し遅れて6月頃から参入予定ですがキャリア各社が今年から5Gがスタートすることで一斉にエリア拡大で使えるようになっていくものと思われます。

最初は都市部からのスタートが予想されますが数年先にはエリアが拡大されていつの間にか便利になったと思う時期が時期が来るのではないでしょうか?

5Gは4Gより100倍早いのはなぜ?

5Gは今までの4Gよりも100倍早いのはなぜでしょうか?

簡単に言えば現在の4Gが8人乗りのワゴン車だとします。ワゴン車で高速道路を走行すれば約100キロほどのスピードで目的地にいきます。

しかし5Gは飛行機に例えることができます。飛行機だと数百人の乗客を載せて約700キロほどです。

ワゴン車の10倍以上の人数を載せて7倍のスピードで移動することができます。

5Gはそれと同じで大容量で早いスピードの通信が可能になります。

その結果、動画や大容量のファイルなどを高速でダウンロードできるようになります。

5Gが普及すれば何が変わるの?

5Gが普及すれば現在の通信環境がかなり変化するものになると思われます。

理由はネットが早く快適に閲覧できることはもちろん動画など遅延がなくなりスムーズな映像が見れます。

そして現在、昼休みや人が多く集まるような場所でも理論上では遅延がなく快適に使えるようになります。

また商業的にもドローンの活用や遠隔操作の作業なども快適なネット環境でスムーズに行われるようになります。

5Gの無制限プランが始まるのかなど気になる方は下記からどうぞ

5Gが使えるエリアはどうなる?

5Gがスタートする時にはいきなり全国をカバーするわけではなく最初は一部のエリアからのスタートになるようです。

5Gは電波の届く範囲が狭いため基地局が多く必要になるため普及には時間がかかるようです。

最初は東京など都市部から始まり徐々に地方に普及していくようです。今までもそうでした。しかし2024年待つまでにはドコモの場合で全国の約97%までエリアを普及することは可能だと言うことです。

auは93.2%、ソフトバンクは64%、楽天は56.1%のエリアになる計画になっています。

まとめ

2020年は5G元年になりそうですね。しかも今年は東京オリンピックも開催されて盛り上がりを見せています。

5G技術が何かに活用されるのでしょうか?そして5Gエリアもいずれは拡大されていくと思いますので全国で使えるようになればもっと使い方が進化していくことでしょう。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事