pick up
トイレットペーパーをイオン東雲店が大量陳列で品薄解消を証明って何?

イオン東雲店がトイレットペーパーを大量陳列してトイレットペーパー買い占めに対して在庫は十分にあると言うことを証明して称賛をされています。

これはデマにより実際に在庫は十分にあるのもかかわらず消費者心理として頭ではわかっていても大量に買ってしまう方に買う気がなくなるくらい大量陳列して気づかせるのに有効な手段ではないでしょうか?

まだイオンでも一部の店舗だけのようですが全国に広がれば買い占めはなくなるのではないかと思います。

このコンテンツはトイレットペーパーが無くて困っている方向けの記事です。

スポンサーリンク

トイレットペーパーの品薄いつまで続く?

全国の小売店で続くトイレットペーパーの品薄、売り切れの現象はデマによるものとわかっていても買ってしまう人が続出して歯止めが効かなくなっています。

自宅にトイレットペーパーやティッシュなど紙製品が十分にあるにもかかわらず毎日ドラッグストアやスーパーへ出かけて店頭に並べばすぐに買えるだけ買う人もいるようで本当に欲しい人に行き渡らずに困ってしまいます。

本当に買うべき人が買えない状況は非常に困りますよね。今日明日にでもトイレットペーパーがなくなり、手でふくしかなくなる人もいるかもしれません。

そんな本当に困った人がいる一方で自宅にはあるけど、買えなくなれば大変だからと買わなくても良いのに買う人もいるのではと思いますがいかがでしょうか?

そのような人はネットはあまり見ていないかもしれませんがテレビでもトイレットペーパーが山積みされて大量にあることを知れば買う気はなくなるのではないでしょうか?

人間はないものを欲しがるけど、いつでも手に入るものは欲しがらないものです。目の前に大量にあれば誰も見向きもしません。

今回イオン東雲店が特設売り場を設けてトイレットペーパーだらけにして、お一人様10点までとしたことで10点買う人もいるかも知れませんが、これだけあれば使えるだけ購入しようかな?と心理的になるのではないでしょうか?

全国的にこのような状況になればトイレットペーパーに誰も見向きもしなくなり本当に必要な人が買えるようになります。

来週以降はこうした動きが広がるとしてトイレットペーパー不足は解消されるのではと言われていますが実現するのでしょうか?

スポンサーリンク

イオン東雲店ってどこ?

イオン東雲店は東京都江東区東雲にあるイオンの店舗ですが全国のイオンにこの動きは広がるのでしょうか?

なぜこのようなトイレットペーパーの大量入荷が実現したのかと言えば工場には大量の在庫があるのですが配送が追いつかず店頭に並べばすぐに売れるためイオンが本気で品薄解消のために努力した結果のようです。

配送が追いつかないためイオンのトラックも使って工場に自らトイレットペーパーを大量に取りに行き実現したようです。

やはりそうでもしない限りなかなか需要には追いつけないのでしょうね。

https://twitter.com/kinappa2/status/1235474549384155137?s=20

他の店舗でも同じようにトイレットペーパー大量入荷もあり

他の流通大手であるイトーヨーカドーなども大量に入荷してトイレットペーパーを山積みしてトイレットペーパー品不足を解消する取り組みをしているようです。

イトーヨーカドーでは木場店でトイレットペーパーの山積みで在庫が十分にあることをアピール!

トイレットペーパー品薄解消は全国の他の店舗ではどうなる?

イオンもイトーヨーカドーもその他の小売店の全国の他の店舗はどうでしょうか?

地理的問題もありすぐにはこの流れは全国に広がるのかはわかりませんが、いずれにしても頑張れば出来ると言うことを実現しているため各社同じように取り組むのではないでしょうか?

こうした取り組みが広がれば全国的に工場で眠っている在庫が早く店舗に流通していきトイレットペーパーが在庫豊富になり買い占め心理の人が減ってくるものと思われます。

トイレットペーパー買い占め人間VS大量入荷店舗で需要と供給のバランスが取れるようになればトイレットペーパーを買い占めようとする心理的な気持ちがなくなるのではないでしょうか?

まとめ

トイレットペーパーパニックは誰かがデマを流したせいで全国に瞬く間に広がりトイレットペーパー不足が現実のものとなりました。

ネットでは犯人探しも行われているようですが、そのうちの一人が炙り出されて勤務先が謝罪する事態になっています。

この人は最初にデマを流したのではないようですがデマを言ったことには違いありません。これだけ世間がパニックになることは誰も想像していなかったと思います。

早くトイレットペーパーの品不足が解消して本当に困った人が普通に買えるようになれば良いものです。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事