pick up
Amazon代引き手数料が高いのはなぜ?実際のところを詳しくレビュー?

あなたがAmazonで代金引換で買い物をする場合にまとめて購入したら1つ1つに代引き手数料が計算されます。

10個買えば代引き手数料330円が10倍の3,300円が計上されて高いですよね。この代引き手数料をなるべく安くするにはまとめて発送すると言う方法がありますが在庫がなかったり商品が大きい場合にはまとめて発送が出来ません。

管理人は実際に何度も代金引換で注文していますが実際に代引き手数料がどのように計算されるのかを詳しくレビューします。

このコンテンツはAmazonの代引き手数料がどのように計算されるのかと言うことを知りたいあなたに向けた記事です。

スポンサーリンク

Amazonで代金引換の商品をまとめて注文したら代引き手数料はどうなるの?

先に結論から言うと同じ店舗から商品をまとめて買うと、1つの商品に1つづつ代引き手数料が計算されます。代引き手数料が1回330円なので10個注文すれば3,300円が計算されます。

しかし実際には発送された回数分の代引き手数料を支払えば大丈夫です。

Amazonの代金引換は「まとめて発送」か「準備出来た分から順に発送」か選べるようになっています。

どような場合にまとめて購入するのかと言えば同じ店舗から同じ商品をまとめて購入する場合などは全ての商品が準備できてから発送する場合に便利です。

例えば同じ店舗で同じ商品をまとめて購入する場合に在庫がなく、足りない分は商品が準備できてから発送をする場合が出てきます。

このような場合は「準備ができた分から発送する」を選んでおけば準備が出来た商品から順に発送するため同じ商品でも何度かに分けて発送されるため発送される回数分の代引き手数料が加算されます。

しかし商品が足りない場合は商品が全て準備出来て発送にしておけばまとめて発送してもらえるため代引き手数料も1回分で済むことになります。

ここでの問題は一刻も早く商品が欲しい場合です。管理人は過去に何度もイベントなどで同じ商品をまとめて購入していますが代金引換で大量に注文すると見た目の代引き手数料はムチャクチャ高く見えます。

実際には発送される回数分の代引き手数料が必要ですが計算上は1個の商品につき代引き手数料が1回と計算されるため合計の代引き手数料が高く見えます。

下記の画像はその時の一部ですが同じ商品をまとめて注文しましたが在庫の関係などで準備出来次第発送を選んでいたため代引き手数料もその分計上されています。

ただこの時は1個づつではなく3個づつくらいに分けられて発送されています。

3個づつに分けられた理由は商品の大きさではないかと思いますが大きめの段ボールに3個づつくらいしか入らないため3個づつの発送になったようです。

この時は同じ商品を全部で21個注文しました。在庫は21個もなかったため分けて発送されていますが1つの商品が大きく段ボールに3個づつ入っていたため3個の段ボールが7回分に分けて発送されています。

ついでに他の店舗からも別の商品を10個注文していますが、こちらは商品が小さいため段ボールに入るだけ入れられた状態で届きました。

内容は6個と4個に分けられて2回分です。そのため注文時には代引き手数料が10個分の3,300円と表示されていましたが実際には2回分の660円でした。

この時はこの2つの商品をまとめて注文しAmazonが販売する商品と別の店舗が販売する商品をまとめて注文しました。

その合計は全部で31個です。大きな商品は防災リュックを21個ですが段ボールに3個づつ入り7回に分けて発送されてきました。小さい商品はアルファ米25袋セットを10個ですが段ボール2個で発送されてきました。

この内訳を見れば段ボールに入る分は1回で発送されるため代引き手数料も1回分だけです。また在庫が足りず次の日に発送された分もあるため代引き手数料も別になっています。

この時商品31個のうち最初に計上されていた代引き手数料は31個分の10,230円でしたが実質届いた時の代引き手数料は上記画像の赤枠の2,970円でした。

代引き手数料は実際には発送された回数の9回分の2,970円を支払っています。

このように代金引換を選ぶと最初は代引き手数料が高くて焦りますが、実際には発送された回数分の代引き手数料を支払えば大丈夫です。

スポンサーリンク

Amazonで代引き手数料を払いたくない場合は?

Amazonで代金引換で商品を購入すれば必ず代引き手数料が必要です。しかしこの手数料がもったいないと思う場合はクレジットカード払いやコンビニ払いなど他の支払い方法を選ぶ必要があります。

管理人も全ての注文を代金引換にしているわけではなく自分で支払うものではない場合に代金引換で購入しています。

そのためイベントなど多くの商品を購入するときに代金引換で購入するのですが必ず代引き手数料は発生しますので、代引き手数料を払いたくない場合は別の支払い方法をお勧めします。

Amazonの代金引換のメリットはなに?

代金引換で商品を購入するメリットの発送が早い事と確実に商品を受け取ってからの支払いだから確実だと言うことがメリットです。

しかしデメリットとして代引き手数料がかかってしまいます。これは配送業者が代金を代わりに回収するため発生する手数料ですので仕方がありません。

ただAmazonで買い物をする上で代引きでなくても商品が届かない場合や問題がある場合にAmazonの補償があるため代金引換ではなくても問題はありません。

例えばどうしてもクレジットカード情報をネットに入力したくない人や個人情報をネットにあまり晒したくない人はコンビニ払いやAmazonギフト券などで支払えば良いので代金引換のメリットは少ないと言えます。

支払いが自分ではなく会社や他の人が支払う場合で現金払いの場合には代金引換のメリットがあります。

まとめ

Amazonの代金引換はまとめて発送することで代引き手数料を抑えることができます。ただしこれは段ボールに入る大きさかどうかでも変わります。

また在庫がない場合なども数回に分けて発送されるため発送された分だけの代引き手数料が必要になります。

結局いくら代引き手数料が必要かわかりにくいため心配な方のために実際にかかったレビューをしましたが発送された回数の代引き手数料が発生すると言う結果でした。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事