pick up
iPhone12Proのサイズ比較/iPhone11ProMaxから変えた理由を徹底解説!
ばにら営業部長
iPhone12Proを買おうかiPhone12ProMaxを買おうか大きさで迷っている

今回はこんなお悩みにお答えします。

実際に管理人がiPhone11ProMaxからiPhone12Proに買い替えた理由は大きかったからです。

管理人もかなり迷いましたが画面の大きさよりも操作性が高い方が快適だからです。

これは1年間iPhone11ProMaxを使い倒して操作性がイマイチだったと思ったからです。

そしてiPhone12ProMaxはさらに大きくなるためiPhone12Proを購入するようにしました。

この記事ではなぜ大きいサイズから小さくしたのかを詳しく解説します。

  • iPhone12ProとiPhone12ProMaxの大きさ比較
  • iPhone12ProとiPhone11ProMaxの大きさ比較
  • iPhone12ProMaxを買わない理由

スポンサーリンク

iPhone12ProとiPhone12/11ProMaxの大きさ比較

実際のサイズ比較iPhone12ProMax

iPhone12ProとiPhone12ProMax

サイズ差iPhone12ProiPhone12ProMax
画面
(0.6インチ小さい)
6.1インチ6.7インチ
高さ
(14.1mm低い)
146.7mm160.8mm

(7.2mm狭い)
71.5mm78.1mm
厚さ
(同じ)
7.4mm7.4mm
重さ
(39g軽い)
187g226g

比較して見ると数字で見れば微妙です。

しかし実際に手にとって使うシーンではかなり大きく感じます。

管理人は実際に使っていたのはiPhone11ProMaxですがiPhone12ProMaxはさらに大きいのです。

手に持った時は高さは問題ないですが幅が問題です。

親指が届かないため片手操作が無理です。

無理に片手操作をすればiPhoneを落としてしまいます。

ポケットやバッグでは高さが問題です。

手で持った時は問題ありませんがポケットでは高さが問題です。

スーツのポケットだとかなりかさばってしまいます。

ずっとそれが気になっていました。

  • 高さが14.1mm高くなってポケットだかさばる可能性が大
  • 幅が7.2mm広く片手操作が無理
  • 重量があり重たい

実際のサイズ比較iPhone11ProMax

iPhone12ProとiPhone11ProMax

サイズ差iPhone12ProiPhone11ProMax
画面
(0.4インチ小さい)
6.1インチ6.5インチ
高さ
(11.3mm小さい)
146.7mm158.0mm

(6.3mm狭い)
71.5mm77.8mm
厚さ
(0.7mm薄い)
7.4mm8.1mm
重さ
(39g軽い)
187g226g

iPhone11ProMaxも数字で見ればわずかな差に見えます。

しかし実際には操作性がかなり違います。

やはり大きさは手がデカい人だなければ快適ではありません。

画面サイズが大きい方が良い場合はiPadやPCで見る方が良いです。

iPhone11ProMaxの大きさをもっと具体的に知りたい方は下記からどうぞ

スポンサーリンク

実際に使う場合の大きさのメリットとデメリット

人によってメリットデメリットは違いますが快適にiPhoneを使えるかどうかの視点で見ていきます。

iPhone12ProMaxのメリット

  • 大画面で快適に動画視聴できる
  • カメラ機能が良い
  • 車や自転車など乗り物に固定して使うならベストサイズ

iPhone12ProMaxのメリットはやっぱり大画面ですよね。

でも長時間iPhoneを握り締めて画面を見続けると手が疲れます。

カメラ性能がiPhone12Proよりも良いところもメリットですが写真にこだわりがなければ問題ありません。

車両に搭載してナビとして使うなら大画面は見やすいのでメリットです。

iPhone12ProMaxのデメリット

  • iPhone12ProMaxは片手操作ができない
  • ポケットの中ではかさばる
  • バッグのかなでかさばる
  • 長時間持っていると重い
  • 価格が高額

iPhone12ProMaxはなんと言っても過去最大級の大きいiPhoneです。

大画面のメリットよりも操作性が重要ならProMaxは大きすぎます。

ポケットに入れたら結構邪魔です。

バッグの中で場所をとります。

親指が届かないと両手操作が必要です。

重量が重たいと手が疲れます。

もし落とした時の衝撃は重量があるほど凄まじいです。

iPhone12ProMaxを購入する場合は高額なので注意が必要です。

iPhone12ProMaxを買わなかった3つの理由

iPhone12ProMaxはでかくなりすぎた

iPhoneを持つ時のサイズ感がデカすぎるとiPhoneっぽくないです。

  • 高さ14.1mmの違いは大きい
  • 幅が7.2mmだと片手操作は無理
  • iPhone11ProMaxまでが限界

画面サイズの大きさより使いやすさが重要

管理人が今回iPhone11ProMaxからiPhone12Proにサイズを小さくしてよかったのは操作性です。

画面サイズは大きい方が満足ですが操作性の方が重要でした。

どうしても大画面で見たければiPadやパソコンで見れば良いので操作性が重要です。

  • 画面サイズよりも操作性が大事
  • 画面が大きくても字のサイズは同じ
  • 大画面で見たければiPadかパソコンで良い

iPhone12ProMaxはポケットサイズではない

わずかな違いだと思いますが実際に使うとわずかな差が大きいものです。

高さ、幅、重さで片手操作が無理な上にポケットに入れたらかなり窮屈です。

せめて幅がもう少し細ければ操作性が上がります。

iPhone11ProMaxのサイズよりも大きくなり限界を超えた感じがします。

  • ポケットの限界を超えた
  • ポケットだと重たい
  • ケースに入れたら大きすぎる

上記の理由に当てはまらない人にはiPhone12ProMaxはおすすめです。

片手操作しない人や重さが大丈夫な人、大画面を楽しみたい人、写真の性能が少しでも良い方が良い人はiPhone12ProMaxがおすすめです。

しかしそれ以外の人ならiPhone12Proのサイズ感がおすすめです。

まとめ

iPhone12ProとiPhone12ProMaxのサイズ差はわずかです。

しかし実際に手に持って操作すればその大きさの違を実感します。

片手操作ができないことでiPhoneの操作性が大幅に変わります。

それぞれのメリットとデメリットはありますが大きさは重要です。

iPhone12Proを買うのかiPhone12ProMaxを買うか迷っている人は操作性を重要視するか大画面を重要視するかで決めることをお勧めします。

管理人はiPhone11ProMaxを1年間使って操作性が重要無事に気がつきiPhone12Proに変更しました。

そちらを買うか迷っている人は参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事