pick up
AppleCarPlayで「Waze」ウェイズナビアプリの使い方をレビュー!

CarPlayを使いたいと思ったらカーナビアプリが必要ですが通常はアップル純正マップやGoogle マップ、Yahooカーナビなどを思い出します。

しかしガラパゴス化している日本では知名度が低いけど世界ではスタンダードなカーナビアプリがWazeです。

ガラケーと同じで日本ではカーナビの普及でスマホの地図アプリが今までは少なかったのですが海外では優秀なナビアプリ も多く、その中の優秀なアプリです。

使う方は少ないと思いますが、使いたい方にWazeの使用感をレビューをします。

このコンテンツは海外で人気のWazeアプリをレビューしています。使って見たい方の参考になると思います。

スポンサーリンク

CarPlayアプリWaze「ウェイズ」とは実は優秀ナビアプリ

WazeのUIはグレーで暗いけどルートは水色で表示されるためわかりやすい。

他のナビアプリと違うところは車のスピードが左上に表示されていることが違う。

このスピードは結構正確に表示されていて使いやすささえ感じてしまう仕様になっています。

またレポートと言うものがあり、そこを開くと「警察」、「事故」、「渋滞」、「危険」、「地図の問題」が表示されていて事故の場所や取締り情報が確認できるのか?

と思ってクリックするとあなたが今いる場所が事故現場や取締り場所として登録されてしまいます。

これは自分が遭遇した場所の状況をレポートするためのものです。

★ポイント

・グレーで統一されたナビ画面に水色のルートが表示されてわかりやすい

・レポートは気をつけてしなければならない

CarPlayをもっと詳しく知りたい人はCarPlayナビアプリ比較まとめのコンテンツへどうぞ。

スポンサーリンク

Wazeナビアプリの使い方

WazeをCarPlayで使うと以外に使いやすくスムーズさを感じます。

ただし設定しているルートを外れると自車位置がクルクル回転してどっちに走行しているのかわからない状態になってしまいます。

しばらく迷走した後大きな道路に差し掛かれば元に戻ります。

このアプリも例に漏れずCarPlayでは音声検索出なければ英数字でしか検索できません。そのためマイクをセットして音声で目的地を入力すれば正確にルート設定が可能です。

Google マップなどとあまり引けを釣らないほど高性能ですが地図上は道路以外が表示されずに少し寂しい漢字はします。

その分設定したルートは見やすいと思います。

★ポイント

・たまに設定したルートを外れると場所がわからなくなる

・キーボードで目的地が入力できないため音声検索に限る

まとめ

CarPlayで使えるナビアプリはたくさんありますが日本ではまだメジャーではないWazeは世界ではスタンダードなナビアプリです。

しかし日本人から見ればGoogle マップや純正マップの方が使いやすく今まで慣れているからでしょう。

使い易ければいずれは日本でも人気が出て使う人も増えるかもしれませんね。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事