pick up

2019年末に米フォーブスで発表された最も稼ぐユーチューバーは子供でした。

それも8歳の子供で名前はライアン カジ君と言う小さな男の子です。その子が稼いだ金額はなんと28億円とのことで話題になりました。

簡単に言えば、なんで子供が稼げるのかと言うと子供がおもちゃなどを使って遊んでいるところをYouTubeで流せば他の子供が観るから再生回数が多くなる結果、稼げるようです。

これが大人のYouTuberが子供向けに作成した動画は有名YouTuberであれば質の高い動画も多いのですが訳のわからない子供向けの動画もあり親としては心配な部分もあるのではないでしょうか?

このページはなぜ子供のユーチューバーは稼げるのかを気になる人向けの記事です。

スポンサーリンク

子供YouTuberは大人と違う

子供のユーチューバーは大人と違って欲があって稼ごうとしているわけではありません。

ただ自分の好きなことして遊んでいるだけです。それもいっぱいおもちゃを買ってもらえて親が常にそばにいて遊んでいる姿を撮影していれば安心して本気で遊んでくれます。

そんな一生懸命遊んでいる子供を観てどんなおもちゃがあるのか?楽しそうだな?ってことを他の子供がYouTubeを観て楽しめる。

しかも子供は何回も観てくれるので再生回数はものすごい数になることでしょう。

子供は好きなチャンネルは何度観ても飽きません。繰り返し何回も観ています。それも自分と同じ子供が楽しそうにおもちゃで遊んでいる姿に共感してしまうのでしょうか?

その結果、子供のyoutubeチャンネルは稼げるのではないでしょうか?全ての子供がそうとは限りませんが多くの子供は意識してYouTuberとして演出しているのではなく、ただ楽しく遊んでいるのです。

遊ぶことで莫大な収入に繋がっているものと推測できます。それもトップの収入は28億円と言うとんでもない収入です。

この子がライアン カジ君です。楽しそうに遊んでいます。

こんなにたくさんのおもちゃがあって楽しそうですよね。他の子供も夢中に観ます。管理人も思わず楽しそうで見入ってしまいました。

スポンサーリンク

子供YouTuberにアメリカで規制の動きがある?

アメリカではすでに子供向けYouTuberに規制の動きが出ているようです。

理由は子供向けチャンネルは視聴回数がダントツに多く子供の悪影響を懸念する人も多いようで米国では規制する動きが出始めているようです。

これに伴いすでにGoogleには180億円にものぼる制裁金が科されてしまうようです。

これはによりYouTubeも対策をしました。それは利用規約を変更して動画を投稿するのに子供向けかどうか申告が必要になりました。

その結果パーソナライズ広告が規制されてしまいYouTuberにとっては収入が激減してしまう事態になっているようです。

前向きに捉える動きもあり

世界規模で子供のオンラインデータを巡っての規制をする動きがありいずれ子供向け動画も淘汰されていくようですが視聴者の子供にとっては今よりも子供向けの質の高い動画も増えるのではないでしょうか?

子供がYouTubeを観ることで心配のあった親にとっては子供が観る上で安心することができるような動画が増え、これは見せたくないと思った動画は淘汰されていく時代になるのではないでしょうか?

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事