pick up
トイレットペーパーないのはなぜ?在庫あるのになぜな買い占め続く?

2月末にマスクの次はトイレットペーパー やティッシュなどの紙製品がなくなると言うデマ情報が流れて、瞬く間に紙製品が売り切れ続出しました。

すぐにデマ情報だと判明してトイレットペーパーは在庫は十分にあり問題ないとアナウンスされ数日経過してもドラッグストアなどでなかなか手に入らない現状もあります。

ほとんどの人がデマ情報をもとに買い占めようと殺到して店頭に並んでもすぐに売り切れるため次の搬入まで店頭での品薄が続いています。

これは心理的に買い占めする人が増えていることと日頃あまり買わない人もドラッグストア巡りをして在庫があれば買うと言うことが繰り返されているからです。

このコンテンツはトイレットペーパーは在庫が十分なはずなのに店頭にないのはなぜ?と言う方向けの記事です。

スポンサーリンク

紙製品を買い占めする人が多い理由って何?

各種メディアやネットで問題視されているトイレットペーパーなど紙製品を買い占めする人が多いのはなぜでしょうか?

それにいつからトイレットペーパーが買えるのでしょうか?トイレットペーパーは在庫があるのになぜ買えないのかは買い占めする人がいるからです。

全体的にドラッグストアやスーパーなどは在庫がすぐに売り切れますがAmazonなどはトイレットペーパーの在庫が比較的に購入しやすくなっています。

数日前のように高額転売のAmazonトイレットペーパーもあまりなくなり、送料も普通通りになって来ています。ドラッグストアに昼間に行けずに困っている方はネットの方が購入確率が高いと思います。

ドラッグストアやスーパーなどは全体的に年配の方が朝から並んで購入する方が多い印象ですが、昔のオイルショックで紙製品が不足した経験が生かされているのか年配の方が大量購入しているとの声が多く見受けられます。

中にはあちこち回って紙製品を買い占めた上で近所に配る、しかも有料で配るような人もいるようですが本人には悪意はなく逆に善意で買い占めてるような人もいるようです。

人間はなくなるものを欲しくなると言う習性があるのでしょうがトイレットペーパーの買い占めが買い占めを呼んでいるような状況です。

他の人がトイレットペーパーを買って店頭にある在庫がなくなるため、次の人も余分に買うと言う循環になっているのではないでしょうか?

通常トイレットペーパーを1個買う人が2個買えば倍の速さで店頭の在庫がなくなります。3個買えば3倍の速さでなくなります。

そのためメーカーには在庫が十分にあっても店頭で購入するのが困難になってしまうのではないでしょうか?

紙製品を購入したい人が購入して自分のストックに満足する人が増えれば徐々に店頭の商品は通常に戻ると思いますが時間はもう少しかかりそうです。

まさか1人で毎日、う◯こを大量にするためトイレットペーパーが毎日1個じゃ足りないと言う人はいないでしょうし、通常は1個で1週間以上は使えると思います。

そこを計算すれば自分がどれくらい使うのか、家族が5人いればどれくらい必要なのかもわかると思います。自分が使う分だけ買えばトイレットペーパー難民も減ってくると思います。

トイレットペーパー難民が増える原因だったことが知りたい人は下記のリンクからどうぞ

なぜトイレットペーパー の在庫があるのに品薄が解消されないのか気になる方はどうぞ

スポンサーリンク

トイレットペーパーなど紙製品の品薄はいつ改善するの?

YouTube ANNnewsより

トイレットペーパーは23日分の在庫あるから落ち着いて!

製紙メーカー各社には在庫が十分にあると言うアナウンスをしていますが、いつになれば店頭ですぐに買えるようになるのでしょうか?

1番の問題は店頭に在庫が並ぶと同時に大量買いする人が減ることが重要です。通常では考えられないスピードでトイレットペーパーなどが売れれば店頭に並んでもすぐになくなります。

そして次に店頭に買いに来た人が店頭にトイレットペーパーやティッシュなど紙製品がなければ、次こそは絶対に手に入れると言う硬い決意のもと血眼になって探します。

そのような人が増えれば店頭からすぐに商品が消え、紙製品が不足しているように見えるため心理的に余計に欲しくなりますよね。

そうして紙製品を買って自分の在庫不足が満足するまでは店頭に納入されてもすぐに消えてしまうことが繰り返されてしまいます。

やがてみんなの在庫が潤沢になれば買い占めする人が徐々に減っていき普通に買えるようになります。

その期間がどれだけかかるのかはわかりませんが、現状ではまだ自分の紙製品の備蓄に満足していない人が多いためしばらくは時間がかかりそうです。

あとは配送の問題もあるようですね。流通には限界がありますから、メーカーがいくら頑張って作っても配送が間に合わないとの指摘もあります。

この問題を早く解決するにはみんなが買い占めをやめて普通通り紙製品を買えば早く問題解決するのではないでしょうか?

トイレットペーパーやティッシュはマスクと違い在庫は十分にあるとメーカーもアナウンスしています。焦らずに普通に買えばトイレットペーパー難民はいなくなります。

しかしマスクについては話が違います。マスクは本当に品薄状態が続いています。マスクも増産されましたが次は北海道へ旅立つようです。なぜマスクが北海道にいくのか知りたい方は下記のリンクからどうぞ。

まとめ

トイレットペーパー難民が本当に困るのは実際に自宅のトイレットペーパーがなくなり実際に困っている人が1番困っていると思います。

管理人もトイレットペーパーがなくなるデマが流れる前日に購入していたため在庫的にはまだ余裕がありますが日々消えていくトイレットペーパーが貴重品になって来ます。

心理的にないと欲しくなって来ますが店頭にない限り、本当にピンチの人が困ると思うと買うのは躊躇してしまいます。

管理人も在庫がなければ今頃血眼になって探すトイレットペーパー難民になっていたでしょうが、今はまだストックがあるため欲しくても静観しています。

そんな管理人と同じような状況の人は買い占めをやめて本当にピンチで明日お尻を拭くことができずに困っている人が買えるように我慢しましょう。そんな人が増えれば早くトイレットペーパー難民もいなくなると思います。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事