pick up
iPhone12で搭載予想のToFカメラって何?3DやARアプリがパワーアップ?[2020]

2020年に発売予定の iPhone12(仮)に搭載が噂されているカメラ機能はどれだけ凄いのかと言う疑問をお持ちの方に現在出ている情報をまとめました。

実際に iPhone12に搭載されればどのように使えてどれだけ便利になるのかなど気になるカメラ機能の予想をレビューします。

iPhone12で噂のToF式の背面カメラはアップル特注CMOSセンサーで目の機能を再現したAR(拡張現実)に利用できる立体感のあるARが実現できると言うことです。

スポンサーリンク

iPhone12のToFカメラが搭載されたらどう変わるの?

Tofカメラとは「Time of Flight」の略ですが具体的には光の飛行時間を利用して三次元情報を計測可能なカメラのことです。

この難しい名目のカメラは簡単に言えば現実空間の立体感をもっとリアルに写出すカメラです。

このTofカメラを搭載すれば2Dでは不十分な部分をもっとリアルに3Dの表現を実現できるようになるとのことです。

もっとわかりやすく言うと被写体を撮影した場合に iPhoneと被写体の距離が正確にわかるようになるためARアプリなどがリアルに表現できるようになります。

  • ToFカメラは iPhoneと被写体の距離が正確にわかる
  • 暗闇でも正確な距離がわかるため夜間でもリアルな撮影が可能になる
  • iPhoneカメラのポートレートなど背景のボケがうまく表現できる

スポンサーリンク

iPhone12にARアプリがもっと活用されるの?

現在 iPhoneにはいろんな拡張現実ARアプリがありますがToFカメラの技術が搭載されれば今よりもつっとリアルな3Dが実現する可能性が高まります。

ARアプリで撮影したものがリアルに写せるとどう変わるのでしょうか?

あまり関係はないかもしれませんが管理人が昔よくプレイしていたポケモンGOなどポケモンがもっとリアルに表現されたりするのでしょうか?

またIKEAのIKEA Placeアプリなどもよく使って自宅の家具イメージを確認するのですが今よりももっと立体的になるのでしょうか?

ゲームやIKEAのようなARは実際にあるものをカメラで撮影しているわけではありませんが何か影響があるのでしょうか?

もしあるのであればもっとリアルになると嬉しいですね。

ToFカメラでARアプリが全部変わることはないと思いますがARアプリが進化することは間違い無いですよね。

ToFカメラが実際に活用できそうなことは?

iPhone12にToFカメラが搭載された場合は実際に活用できそうなことはアップル純正アプリの計測アプリなどカメラに写ったものを計測する時はかなり便利になりそうです。

目の前にあるものを空間認識して物体の大きさを正確に測ることなどに活用できそうですね。

現在も活用はできますが正確ではありません。

しかしToFカメラであれば正確に計測できそうなのでかなり便利になることが予想されます。

YouTubeでToFカメラがどのように計測できるのかわかる動画があったのでこんな感じで今より正確に計測可能になるのでしょうか?

この動画のように正確に距離を計測できるなら便利ですよね。

またアップル純正の計測アプリって何?って方は計測アプリについての記事もあります。(特に水準器について)ですが気になる方は下記にリンクしています。

iPhone12がMacBookProに匹敵するのではと言うことが気になる方は下記のリンクからどうぞ。

まとめ

iPhone12が発売されれば今よりスペックが向上することは間違いありません。

その中でカメラ機能のスペックが向上すれば今よりももっと正確な表現が可能になることでしょう。

また今回のToFカメラが搭載されればいろんな活用方法も増えてくるものと思われます。

iPhoneの新型が出ればハード面もソフト面もアップデートされて今まで以上に便利になることが予想されます。

2020年も iPhone12がいつ出るのか?どんな機能が搭載されるのかワクワクしながら待ちましょう。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事