pick up
CPU

早くも2020iPhone12「仮」のリーク情報が多く出回っていますが今回のiPhoneに搭載されると噂の5nmチップって一体なんなの?と思っている方も多いと思います。

今回はこの5nmプロセスチップについてレビューします。

結論から言えば現在のiPhone11に搭載されているA13Bionic「7nm」チップよりも約1.8倍の密度で設計された高性能チップでMacBookProと変わらないパワーを発揮する性能を得ると言うことです。

iPhoneがMacBookProに匹敵するCPUを搭載するって凄いですよね。

スポンサーリンク

新型iPhoneに搭載されるかもしれないA14Bionicチップはどれだけ凄いの?

2020年のiPhone12に搭載が噂されるA14Bionicプロセッサのパワーが凄いことはわかったけど一体どれだけ凄いのか知りたいですよね。

そこでできる限り調査しました。

このA14Bionicプロセッサーの5nmチップは今まで量産されていないチップです。

今年初めて台湾TSMCが量産開始して世界で初めてiPhoneに搭載されるとの噂の最先端の技術のチップです。

iPhoneXsでもA12 Bionicで7nmチップが初めて使われましたが今回もiPhoneが世界で最初に搭載するようです。

バニラ
7nmチップについてはファーウェイが先かAppleが先かわかりませんが管理人はAppleが先と言うことにしているよ。

スポンサーリンク

iPhone12のA14プロセッサはMacBookProと変わらないって本当?

2020年登場のiPhone12に搭載されると噂のA14BionicプロセッサはなんとMacBookProと同等の性能になる模様です。

確かに現在でも管理人のMacBookよりもiPhoneの方が処理が早くパワーがあると感じるのでCPUの性能UPは必須なのでしょう。

iPhone12で搭載が噂されているA14Bionicは前回のA13Bionicよりも15%高速だとされています。

A13BionicがA12Bionicよりも20%高速とされていたのでiPhoneXsと比べたら35%高速になると言うことになります。

これは凄いですね。最も高速で作動するよりも今回の5nm製造技術のA14Bionicは5Gに対応するためのものと言うことなのでどれだけ使えるか楽しみですね。

この製造プロセスは7nmより5nmと言うように数字が小さくなればそれだけトランジスタの数が多くなり性能UPするため難しい技術になります。

iPhoneの7nmプロセスはベンチマークテストでも圧倒的な高性能を証明していたため5nmの搭載が実現されればもっと高性能化するのは間違いありません。

  • A14 Bionic は世界初の5nmで製造されたチップ
  • 5nm製造技術はiPhone12で世界初搭載されるかも?
  • iPhone12の5G対応に合わせて設計された新チップ?

まだ噂の域を出ませんが多くのリーク情報では5nmチップが搭載されると言われています。

もっと2020年iPhoneのリーク情報が気になる方は下記のリンクからどうぞ。

5nm技術が必要なのはなんで?

多くの情報では今年から飛躍的に展開されそうな5Gには5nmや7nmチップが必要とのことです。

5Gになぜ5nmプロセス製造のチップが必要なのかと言うと5Gのビッグデータを処理するには高性能CPUは必要不可欠です。

そうなれば今よりももっと高性能なCPUが求められるため5nmプロセスで製造されたチップが必要になってきます。

圧倒的な情報量を瞬時にダウンロードできると言われる5Gが本格的に始まれば需要は多くなりそうですね。

5nmは台湾TSMCで7nmはQualcommになるとの情報もあり、iPhoneの機種により変わるのかはまだわかりません。

いずれにしても5G新時代に対応した新型iPhone12は期待できるものになりそうです。

5G新時代を見据えた新しいiPhone12はデザインだけでなくハード面でも期待できる

まとめ

今年発売される予定の新型iPhone12は今から期待できるものになりそうですね。

デザインもさることながらハード面での新技術や今から普及が期待される5Gに対応した今までにないサポートが多く搭載されそうです。

もちろん価格も高額になることが頭をよぎりますが高くても買う価値はあるのではないでしょうか?

と言うか管理人は毎年新型iPhoneが出れば無意識に予約開始時にポチってるため躊躇することなく購入することになりそうです。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事