pick up
iPhoneがアップデート出来ないのはなぜ?iOSをアプデできない原因と理由は何?

iPhoneをアップデートしようとしたらアップデートが出来なくて困ったあなたは早くアップデートしたいのではないでしょうか?

さっそく結論から言えば大きく分けて5つあります。まず1つ目はなたたのデバイスの容量が足りない場合はアップデート出来ません。

またアップデートをダウンロードするのに時間がかかりアップデート出来ない場合があります。

そしてアップデートサーバーに接続出来ない場合もアップデート出来ません。

iPhoneがフリーズした場合などアップデートが終わらない場合もアップデート出来ません。

またあなたの iPhoneが古い場合はiOSアップデートの対象外になった場合もアップデートはできません。管理人の持っている古いiPadMiniもすでにアプデできなくて使いにくいです。

アップルのサポートで告知されていますがアップデートするにはサーバーからダウンロードしてインストールする必要があります。

このコンテンツは iPhoneをiOSアップデート出来なくて困った人向けの記事です。

スポンサーリンク

iPhoneのストレージ容量が足りない?

iPhoneのアップデートが出来ない場合に真っ先に考えられるのが iPhoneの容量が不足していてアップデート出来ない可能性があることです。

毎日 iPhoneを使っていれば気づかないうちに容量がいっぱいになっていてアップデートするための空きがなくなってしまう場合があります。

あなたの iPhoneでiOSアップデート出来ない時に iPhoneの容量に空きがあるのか確認してみましょう。

iPhoneストレージの容量を確認する方法は設定から一般を開いて、 iPhoneストレージを開けばあなたの iPhoneがどれだけのストレージを使っているのかわかります。

あなたの iPhoneがもし容量不足なら不要なファイルやAppを削除して空き容量を確保すればアップデートができるようになります。

スポンサーリンク

Wi-Fi環境が弱く不安定になっているとアップデート出来ない

あなたがアップデートしようとしている場所のWi-Fi環境で電波状態が悪い場合はアップデート出来ないか時間がかかりすぎてダウンロードできない場合があります。

その場合は電波状態が良い場所でアップデートすれば解決します。

また自宅のWi-Fiが調子悪かったり、自宅にWi-Fiがなければ自分のキャリアのショップに出かけてWi-Fi環境下でアップデートすれば解決します。

アップデートはWi-Fi環境がある場所でできるため、カフェやコンビニなどでも大丈夫ですが時間帯によってはインターネットが混雑することもありアップデート出来ないこともある可能性もあります。

アップデートのサーバーに接続出来ない

サーバーに接続出来ない場合もアップデートが出来ません。アップデートがダウンロード出来なければアップデート出来ません。

アップデートボタンを押してもなかなかサーバーにアップデート出来ない場合はアップデートすることはできません。

サーバーに接続できない大きな原因は皆が同時にアップデートするような時間帯はサーバーが混雑して繋がりにくくなるからです。

特にメジャーアップデート(1年に1回程度、iOS12から13に変わった時など)のような大きなファイルのアップデートは時間がかかります。

その時に混雑する時間帯であればサーバーにつながらず時間がかかる場合があります。このような場合は時間帯をずらしてアップデートすれば解決します。

インターネットは夜間が混雑しがちです。夜9時頃から夜中の1時頃はネット接続している人も多いためアップデートはこれ以外の時間の方が良いと思います。

iPhoneがフリーズした場合はアップデートできない

iPhoneが何らかの理由によりフリーズした場合もアップデートが終わりません。

アップデートをしていてAppleマークの下に表示されたバーが時間が経過しても進まない場合はファイル容量が多く時間がかかっている場合が考えられます。

しかしバーガ全く進まずフリーズしてしまった場合は終わりません。たた基本的にりんごマークが表示されてバーが表示されていればアップデートは進んでいます。

全く進まない場合や画面が真っ黒になり反応しない場合は強制再起動をすれば改善します。強制的な再起動の方法はこちらからご覧ください。

iPhoneの機種が古くてアップデートに対応していない

あなたの使っている iPhoneが古すぎる場合はアップデートの対象外になっていて、そもそもアップデート自体できません。

その場合は今のままのiOSで使い続けるか新しい iPhoneに思い切って買い替えましょう。

iOS13に対応している iPhoneは下記の通りです。

iOS13に対応している iPhone
iPhone11 iPhone11Pro
iPhone11ProMax iPhone XS
iPhone XS MaxiPhone XR
iPhone X iPhone8
iPhone8 Plus iPhone7
iPhone7 Plus iPhone6
iPhone6 Plus iPhone SE
iPot touch(第7世代)

まとめ          

iPhoneをアップデートできない場合はストレージ容量が足りない可能性が高いです。

容量以外の場合はアップデートをダウンロードするのに時間がかかっている可能性が高いためWi-Fi環境などを調べましょう。

iPhoneの容量もありWi-Fi環境も問題なくアップデートができない場合はアップデートデータの破損も考えられます。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事