pick up
工場見学が面白い!iPhoneができるまで(フォックスコン工場編)

皆さん使っている方が多いiPhoneですが中国のフォックスコンと言う会社で作られています。iPhoneは工場の生産ラインで大量生産されているのかといえばそうでもありません。

多くの人の手による部分が多く工場内は人、人、人で溢れかえっています。物凄い数の人がiPhoneを作っています。

そんなiPhoneを作る工場を動画で工場見学して自分のiPhoneがどのように作られているのかみていきましょう。

このコンテンツはiPhoneの工場でどのようにiPhoneが作られているのか気になる方に向けた記事です。

スポンサーリンク

iPhoneの新型が発売されたらすぐに欲しいけど工場ではどう製造されているの?

iPhoneが発売されたらすぐに欲しいと思います。しかし新型の発売日になかなか手に入らないことも多くiPhoneを一刻も早く手に入れたいと思いますよね。

しかしiPhoneが出来上がるまでは時間がかかります。特に注文が多い時期は納期に時間がかかります。

そんな待ちきれない人はiPhoneの工場見学をして納期を余裕を持って待ちましょう。

もちろん中国まで工場見学にはいけないため工場を取材した動画ですが、iPhoneが人の手によって丁寧に作られていることがわかります。

これを見てハヤる気持ちを落ち着けましょう。工場の従業員は一生懸命作っています。

YouTube より

工場内は人、人、人、これだけの人がいれば大量にiPhoneも作られますよね。

フォックスコンは作ると言うより組み立て工場ですので組み立てて仕上げを丁寧にしているのでしょうか?

一生懸命に工員の人たちがiPhoneを手作業で仕上げています。

スポンサーリンク

iPhone組み立て工場は多くの人であふれている

動画は2012年のもので少し古いのですが基本的に現在もこのように作られているのでしょうか?

現在もiPhoneだけでなくAirPodsProなど時間のかかる商品も多く注文するまでは急ぎではない人でも、注文した途端早く欲しくなります。

人間は心理的に購入すれば早く欲しくなるため仕方ないのですが納期がいつになるのかわからなければ余計にイライラして待ちきれなくなります。

そんな時こそこの動画を見てイライラを落ち着けましょう。多くの人により丁寧に作られていれば少しはイライラも改善します。

まとめ

iPhoneが作られるのは機械で大量生産されるのではなく結構人間が手作業で作られていることがわかります。

工場でどのように作られているのかを見るのは結構楽しいものですね。

これからiPhoneがすぐに欲しくてもこの工員の頑張りを思い出して楽しみにしながら待ちましょう。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事