pick up
シャオミってなに?1億画素のカメラってどれくらい凄いの?

2019年12月9日に中国のシャオミが日本上陸を発表しました。シャオミって聞いた事があるけどなに?って言う方にレビューします。

シャオミは中国の会社でスマホを中心に炊飯器から文房具までなんでも作っている会社です。多くの製品がスマホに繋がる製品になっています。

スマホで操作するのは朝飯前って感じですね。そしてそんな中国の会社が日本に上陸したとのことです。それも新型スマホは1億800万画素と言う聞いた事がないような画素数で登場しました。

このインパクトは大きく買う買わないは別にしても凄い画素数ですね。

1億800万画素ってどれくらい凄いのでしょうか?1億画素と言えば一眼レフなどで聞いたことありますがスマホではどれくらいのものなのでしょうか?

スポンサーリンク

1億800万画素ってどれくらい凄い?

1億800万画素ってどれくらいかさっぱりわからず実感がわかないと思います。わかりやすく言うとiPhone11proの画素数は1,200万画素です。

iPhoneの約9倍もあるじゃないですか?これは凄い画素数ですね。写真が綺麗にシャープに映るとのことなので実際に撮影してみたくなります。

しかし画素数だけじゃない部分もあるので一概には言えませんがシャオミはAndroid OSをカスタマイズして高い完成度を誇るOSでより綺麗な処理をしているので凄いのです。

日本に上陸したからにはいずれ手にする人も出てくることでしょう。見た目は完全に全画面なのでかっこいいですね。

iPhoneと比べてノッチ部分がなく全てが画面と言うのが特徴です。最近の中国製スマホは全て全画面ななってるものが多くなりましたね。

このシャオミと言う会社はスマホ界では4番目の世界シェアを誇る会社です。トップはサムスンで2位はファーウェイ、3位アップル、4位がシャオミになっています。

カメラも5眼カメラもあります。さらにコストパフォーマンスも高く連携できる製品も多いのであれば欲しくなる一台ですね。

このシャオミのスマホは上級モデルでも64,800円(税抜き)なので安いです。安くて高スペックであれば手に入れたくなってしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

日本に上陸したと言うシャオミですが良く見かけるので前からあるような感じですが日本には初上陸だったのですね。

特に1億800万画素はインパクト大です。中国製スマホは興味がなかったと言う方も少し興味を持ったのではないでしょうか?

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事