pick up
セクション

WordPressテーマDIVERを今から導入しようと考えている初心者の方に入力補助機能「セクション」についてレビューしている記事です。

ブログやサイトを運営するときに記事をセクションで分割された部分が見やすくなります。綺麗にセクションごとに分けてコンテンツを分かりやすくする機能です。

この入力補助「セクション」はGutenbergのみの入力補助になっています。クラシックエディターでは無い機能になっています。

スポンサーリンク

DIVER入力補助機能「セクション」って何?

セクションとは何ですか?

私も最初は使い方がいまいち分かりませんでしたがセクションを使って記事を書いてみると以外に便利に使えることが分かりました。

セクションとは簡単に言うと分割された部分のことです。

コンテンツ記事が長く分かりにくくなってしまった場合にセクションで区分を分ければ見やすくユーザーにも読みやすい記事になります。

セクションを使ってみましょう

早速DIVER入力補助「セクション」を使ってみましょう。

この部分が入力補助「セクション」です。

これだけではイマイチ分かりにくいと思いますので次にもう少し設定を考えてみましょう。

アイコンを設定してみました。
セクションにアイコンを設定すればこんな感じになります。

まだまだ分かりにくいと思いますのでさらにこうしてみました。

綺麗な魚ですね
すごい群ですね
こちらも綺麗な魚です

①このセクションはアイコンボックスを3つカラムで表示しています。

②ここは説明などを書いています。

③最後のセクション です

これでセクションは3つになりましたね。

スポンサーリンク

セクションは他にどのように使えるのか検証

セクションに見出しを入れて見ました。

これはどのように見えているのでしょうか?

このセクションは斜めスタイルのデザインを設定しました。他にも「吹き出し「や「丸みあり」もあります。

セクションの使い方は他にも出来ます。

セクション1

イルカ
ここはセクション2です

セクション3

セクション4「画像」

セクション1は普通にシンプルタイプの「吹き出し」スタイルのセクションを設定しています。

セクション2はシンプルタイプに「斜め2」のスタイルでアイコンボックスを入れて画像を表示設定にしています。

セクション3はシンプルの「吹き出し」で設定しています。

セクション4は背景画像タイプに設定しています。

セクションの使い方で一番良いのはどれか?

セクションの使い方で良いと思うのは特にピックアップしたい部分などに使うと良いと思います。

このようにピックアップしたらどうでしょうか?

クラゲ
クラゲの長い触手には気をつけましょう。

これで見やすくなったと思います。

DIVER入力補助「セクション」設定は

設定は簡単です。入力補助でセクションブロックを探してタップすればセクションが表示されるためあとは背景色や文字など設定可能です。

まとめ

WordPressテーマDIVERの入力補助機能「セクション」を使って分かりやすいコンテンツを作りましょう。

DIVERには色々な入力補助機能があります。その中でセクションは目立つよう記事を表示出来ます。

あらゆる入力補助を活用して見やすいブログやサイトを作りましょう

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事