pick up
仕事を辞めたいけど次がないと思った時の3つの解決方法!

仕事を辞めたくても次の就職先があるかどうか不安です。なぜ不安になるのかといえば仕事を辞めたら仕事が見つかるどうかわかりません。

あなたが次の仕事が見つかるかどうか不安で仕事を辞めたいけど辞める勇気がもてないのは仕事が見つからなかったらどうしようと思っているからですよね。

でも今の仕事が限界で辞めなければ精神的にどうにかなるのであれば今すぐ仕事は辞めても良いと思います。理由は仕事は見つかるからです。

しかしそうでなければ計画的に仕事を探すことがお勧めです。このように人によって今すぐ辞める基準が違うため3つの解決できる方法を解説します。

このコンテンツでは仕事を辞めたくても次の仕事があるのか不安な方にどうすれば解決できるのかがわかる記事です。

スポンサーリンク

会社を辞めた結果訪れる3つのパターンを解説

次の仕事を決めずに会社を辞めた場合は大きく分けて3つの結果が待っています。まずパターン①は仕事を辞めてスッキリした気持ちになり今までより良い仕事に再就職できる人

パターン②は仕事は辞めたけど自分にあった就職先がなかなか見つからずに就職難民になる人

パターン③の最後は収入がなく焦ってしまい妥協して再就職して今まで以上に辛い職場になってしまう人

この結果を全部解説していきます。

仕事が辛くて今すぐ辞めたらスッキリして良い仕事が見つかった

現在あなたが仕事に悩んでいて会社にいくのも耐えられないと感じるようであれば今すぐ辞めるべきです。理由はそんな気持ちでは何も良いことはありません。

暗くなりミスが多くなり悪循環になってしまいます。特に上司との関係や人間関係などは嫌でたまらないと思います。

このような場合はすぐに辞めるべきです。次の仕事がないからと言って我慢しているよりもあなたのために辞めることが正解です。

そこで仕事を無事辞めたら気分もスッキリして気持ちも一新して次の仕事を余裕を持って探すこともできるようになります。

今までの仕事という呪縛から開放されたら素晴らしい未来が訪れますよね。例え次の仕事が見つかってなくても全てが新鮮で新しいアイデアも出てきて良い仕事を探す準備もできます。

このような状態で就職活動をすれば必ず良い仕事を見つけるための自分なりの環境ができるため前向きに取り組めます。

前向きの取り組むことで自分にあった良い就職先を探すこともできて無事就職に漕ぎ着けることもできるようになります。

これは今までの環境がいかに自分を押し殺していたのかを実感するのではないでしょうか?もう今までのように悩む必要はなくなります。

ここで初めて次の仕事が見つかってなくても辞めてよかったと思うことができます。

次の仕事が見つからずに辞めたら就職先が見つからない

今までの仕事が我慢できずに辞めたのはいいけど自分にあった就職先が見つからないと就職難民になってしまいます。

これには色々と理由もありますが自分にあった仕事がわからない場合と理想が高すぎて見つからない場合など様々です。

こんな時の解決方法としてはまず自分には何ができるのか、どのような資格があるのかをちゃんと考えましょう。

そして自分には資格がないからダメだと思うのはまだ時期相応です。これは逆にチャンスでもあります。

理由は会社を辞めたら時間が取れるからです。今までは社畜として勉強する時間もなく帰宅したら疲れ果ててアルコール飲んで寝てしまっていたかもしれません。

しかし仕事を辞めたら貴重な時間を生かすことができるようになりますよね。今までのように帰って疲れ果てていることがなくなるため自分のために何かしましょう。

それが次の就職に繋がるのであれば資格をとるための勉強にも当てることができますよね。例え簡単に取得できるような時間のかかる資格だとしても勉強する時間は取れるはずです。

資格があれば就職にも有利になります。それが次の仕事に繋がるようなものであれば絶好のチャンスですよね。こんなに時間が取れることは人生でもあまりないと思います。

ただし長期間の就職先が見つからない場合は収入が心配になってきます。その場合の方法はハローワークで雇用保険を受給して就職先を探す方法で解決できます。

条件は色々とありますがまずは求職活動が必要です。自分の都合で退社したのであれば受給額も減りますが受給することはできます。積極的な求職活動は必須ですが助かる施策です。ハローワークの雇用保険手続きについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。

また資格取得が主な目的で求職活動をしなければ雇用保険では対応できないこともあるためアルバイトで必要最低限だけを稼ぎながら勉強する方もいます。

ただアルバイトに流されてしまうのはよくありません。必ず期限を決めて勉強しながらアルバイトもする感じが理想です。就職するための一時的な収入源として考えましょう。

自分のことも見つめ直すこともできて良い仕事を探すこともできるようになります。決して就職難民になったからと言っても一生就職できないわけではありません。チャンスと思って新しいことに挑戦してみましょう。

仕事を辞めて次がなくお金もないため焦って就職した

仕事を辞めて次がなかったので焦って就職してしまうのは考えものです。どうしても仕事を辞めたかった場合は辞めるべきですが焦って再就職したら前の仕事よりも悪かったなんてこともあります。

ほとんどの人がこのようになりたくなくて仕事を辞めることができません。ただ辞めたいだけであれば我慢して今の仕事を楽しくなるように自分で改善するのが得策です。

でも今の仕事が限界で人間関係などで悩んでいるのであれば辞めるべきです。しかしこのように焦って再就職してしまい前よりもっとひどい人間関係の会社だったらショックですよね。

焦って再就職はしない方が良いと言えます。ただ生活のためにはお金が必要です。今の仕事でお金がなくて辞めることを躊躇しているのであれば辞めるべきではないと思います。

辞める前にまず現在の支払いや収入がどのようになっているのか全て考えて準備してから仕事を辞めても遅くはありません。

毎月の収入が厳しく給料が入らなければ生活ができないのであれば先に自分の生活費やローンなど見直してみてみるのも必要です。

しかし仕事を辞める理由が給料が少ないお金がないのが原因で仕事を辞めたいのであれば先に自分の生活を見直した上で計画的に就職先を探すのが賢明です。

なぜなら焦って再就職しても自分の思った通りにはならないからです。仕事の基準が収入を増やしたいのか?自分にあった仕事をしたいのかで決めなければ次の仕事でもすぐに辞めてしまいます。

なぜ管理人が言えるのかと言えば昔は同じ失敗をしているからです。お金がなくて給料だけを見て就職したら超ブラック企業だったこともあります。

結局1年未満で辞めました。その会社は給料は確かによかったのですが勤務時間が地獄でした。

朝8時に出社して家に帰れるのは夜12過ぎでした。しかも昼休みはなし。当然昼食などとる暇はなくブラック丸出し企業でした。

そんな仕事では続けることはできません。だから焦って再就職してもろくなことがないのです。

このような場合は計画的な転職をお勧めします。今の仕事がよほど辛くていますぐ辞めなければ死んでしまいそうな場合を除いてもう少し我慢して先に仕事を探しておくことで収入の心配をせず焦って再就職もせずに転職先を探すことができます。

スポンサーリンク

仕事を辞めても次はある。心配しなくても大丈夫!

管理人の経験からいうと仕事を辞めても必ず次の仕事は探せます。ただ焦りは禁物です。焦るとろくなことはありません。

管理人は数々のブラック企業を渡り歩いてきましたが全ては仕事を辞めて焦って再就職したからです。

どのようなブラック企業かと言えば給料は良いけど時間が長い会社や、時間はあまり縛りがないけど給料が話とずいぶん違う会社や、毎月給料日に給料が支給されず遅れている会社など数々のブラックを経験しました。

1番の問題は給料がもらえない、足りない場合です。これは死活問題と言っても良いレベルですよね。

収入がなければ支払いもできなくなります。ご飯も食べれなくなります。なんのために仕事をしているのかわからなくなってしまいますよね。

だから焦って就職するのだけは辞めた方が良いのです。1番辛いのは収入がないとお金を借りる必要が出てくることです。

借入しなければ生活できません。支払いがあれば支払いも滞ってしまいます。そんな会社ならサッさと辞めるべきです。しかし就職したばかりならすぐに辞めることもできません。

だから焦って就職することは辞めましょう。管理人の知人でずっと勤務していた会社の経営が傾き毎月の給料が遅れ出した人がいました。

管理人も給料が遅れる会社で仕事したことがあるので気持ちはわかります。しかし結局その人は5年間もその会社にいました。

理由は年齢も50代近くなり再就職も見込みがなく貰っていない給料がすでに200万以上あるから辞められないと話していました。

しかし結局は辞めてハローワークで雇用保険をもらいながら再就職が決まり今の仕事で毎月きっちり給料をもらえるようになっています。

ちゃんと探せばちゃんとした仕事は見つかるということです。この人はパターン②に該当しますが理由があって仕事が辞められないと思っていたけど結局辞めて一度就職難民になっても結果的に前よりも良いところに就職できたのでした。

仕事を辞めたいと周りに相談したらどうなる?

あなたが仕事を辞めたいと思って周りに相談すればほとんどの人が思いとどまるよう説得をしてきます。

なぜなら仕事を辞めるイコール良くないことと言う風潮がります。だから誰かに相談するとほとんどに人は今の仕事で頑張って見てはと説得されますよね。

中には辞めることを応援してくれる人もいますがほとんどの場合はせっかく良いところに入れたんだからもう少し頑張ってみてはと言われます。

しかしあなたはどれだけ相談したところで心の中では辞めることを決めていますよね。誰に何を言われようと辞める決意はできています。

ただ迷いがあり仕事をやめようかどうしようか人に意見が聞きたくて相談しているのではないでしょうか?

人は変化を嫌います。仕事を辞めることは変化することです。だから相談しても今のまま頑張った方が良いと言われることが多いのです。

今から相談してみようと考えている場合は一度相談してみてください。おそらく辞めることを勧めてくれる人は少ないと思います。

まとめ

仕事を辞めたいと思っていても次がないと思うのはあなたがまだ本当に辞めて違う仕事をしようと思っていないからです。

本当に今の仕事が辛くて辞めたい場合は今すぐ辞めるべきです。自分を犠牲にしてまで会社に尽す必要はありません。

管理人は今まで会社のためと必死に会社に尽くしてきた人が最後には使い捨てされるように配置転換や転勤になって行ったのを多くみてきました。

結局いくら会社のためだと思って頑張っても最終的に自分のことは自分でしか守ることができません。

仕事を一生懸命するなと言うわけではなく会社に全てを尽すことはないと思っています。仕事で努力することは素晴らしいことです。しかし会社のためではなくあなたのために努力しなければなりません。

自分のために仕事で頑張れば自然に会社のためにもなるからです。優先順位が会社ではなくあなた自信が主役なのですから自分のために頑張ることが理想です。

そうすることで今の仕事を辞めたいと考えているのであれば次の仕事がなくても辞めることは可能だし問題があれば少し待ってから辞める決断をしても良いと思います。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事