pick up
DIVER会話
バニラ
会話ブロックを使おう!

WordPressのブロックエディター「Gutenberg」の使い方がわからない方やクラシックエディターでなれているから使い方がいまいちと言う方に向けたレビューです。

今回はその中で会話に関する記事を解説します。私が使っているテーマDIVERの会話機能を使って会話を入力するにはアイコンが必要です。アイコンはココナラとかで頼んでも良いですが私は自作しました。別記事でアイコン作成はご案内します。

バニラ
僕のアイコンは管理人が下手くそな絵を書いているからごめんね!
バニラ
今回は僕の独り言について書いているよ。会話って言うより独り言が多いからね!

スポンサーリンク

WordPressテーマDIVERの入力補助機能「会話」ってなに?

「会話」ってなに?

バニラワールド のブログスペック
ソフトWordPress
テーマDIVER
サイト形態ブログ
WordPressバージョンGutennberg
会話アイコン作成iPad Pro12.9「ibispaint X」アプリ使用

WordPressのエディターが変わってブロックごとに記事を書ける

エディターが新しくなって暫く経ちますが、まだいまいち馴れない方もいると思います。または初めてブログを書いてる方もいることでしょう。

知っている方はスルーしてもらって「会話」について解説していきたいと思います。

バニラ
僕は独り言言ってるけど気にしないでね!

会話とはこのブログで言えば上にある私の愛犬バニラが話している部分になります。

本来、会話をするにはもう1人必要ですがバニラは独り言を言っている設定なので会話していませんが会話機能を使って独り言を言ってます。

ブロックエディターでブログを書く時に使うDIVERの入力補助機能「会話」

会話はDIVERの入力補助機能を使いエディターのブロック検索をすれば表示されます。「会話」をクリックすれば会話のブロックが表示されます。

会話のブロックを表示すれば名前、アイコン画像、テキストの3つが表示されます。

バニラ
アイコン画像と名前、そしてこの会話がテキストだよ。会話ブロックで作成できるよ

基本的に会話をすることがメインですがURLも貼り付けできます。また会話の中にインライン画像の挿入も可能です。会話の中にあまり挿入することはないと思いますが使える機能です。

それ以外にはソースコードの挿入と打ち消し機能も使えるようになっています。

スポンサーリンク

DIVER入力補助機能の会話作成のブロックの設定はどう使う?

会話詳細設定について

会話の設定でアイコン画像は顔画像が多いと思いますが、その顔の向きを設定できます。通常「会話」を選べば左側にアイコン画像と名前が表示されます。

アイコン画像の顔がどちらを向いているかでアイコン画像の向きを反転することが可能です。

またアイコン含め会話機能「方向」設定で左側または右側に設定可能です。

会話のタイプは通常は「吹き出し」ですが「心の声」にも切り替え可能です。会話は「吹き出し」で「心の声」は思っていることなどで使用できそうですね。

会話アイコン画像の設定

会話アイコンを設定するのは「アイコン設定」ボタンをクリックして「メディアの選択またはアップロード」が表示されるためライブラリか画像をアップロードをしてアイコン画像を設定します。

テーマによってはここで入力補助設定が可能です。私が使っているテーマ「DIVER」ではDIVERオプションから入力補助設定を開き会話の設定でデフォルトのアイコン画像を設定しておくことが可能です。

アイコン画像を作成すればブログ内で会話をすることが可能です。アイコン画像の作成については下記の記事を参考にどうぞ!

DIVERについては下記の記事で詳しく解説しています。

合わせて読みたいDIVERの入力補助機能

会話カラー設定について

会話の文書部分の設定でカラーを設定可能です。私の場合は背景色を黄色に設定しています。多いのは白い背景色が多いので黄色にするかどうか迷いましたが背景色は黄色で目立つようにしています。理由は会話というより独り言なので背景色が白だと少し寂しいと思ったからです。

会話の文書自体「テキスト色」も変更できます。私の場合は黒色に設定していますが他の色にすることも可能です。また太字にもできます。

まとめ

今回はDIVERの入力補助機能「会話」をGutennbergのブロックエディターで使う方法の解説をしましたが結構使える機能です。

ブログを始めたばかりの頃は会話など全く眼中になく使うことすら考えていませんでしたが、使うきっかけになったのがGoogleアドセンスでした。

なぜGoogleアドセンスが会話機能を使うきっかけになったのかと言うとGoogleアドセンス審査に落ちて「価値の低い広告枠」「コンテンツが複製されているサイト」と評価されて文書が同じようなものが多いのか?と考えなるべくオリジナリティを出すには会話で他の似たようなブログやサイトと差別化するために会話機能を使うようになりました。

そのため会話は自分のオリジナリティを出すためには良いと思います。なぜなら全く同じアイコン画像に同じ会話まですることはよほどのことがない限りないことだからです。今からWordPressでブログを始めたい方の参考になるのであればぜひ会話機能は使った方が良いと思います。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事