pick up
あおり運転で免許が取り消しになるのはいつから?

2019/12/6に警察庁は現行の道交法に新たに「あおり運転」を規程し事故にならなくても免許を即取り消し出来るように検討しているようです。

来年の通常国会での法改正を視野に検討をすすめているとのことです。

最近頻発している悪質な「あおり運転」が問題となっているので一刻も早い成立が望まれますね。

しかしこの記事をみているあなたはもしかして「あおり運転」が気になっているのではないでしょうか?

気がつけば前の車を「あおってしまう」と言うことで気になっているのではないでしょうか?意識的ではなくても先を急ぐあまり気がついたら自分が「あおり運転」になってしまうことに気がついていれば気になりますよね。

スポンサーリンク

あおり運転の罰則強化はいつから?

2019/12現在はまだ決まったわけではありません。警視庁が検討中とのことなので今すぐではありませんが来年の通常国会で法改正を目指すとのことなのでそう遠くはなさそうです。

因みに「ながら運転」は5月に衆院本会議で可決・成立して12月には施行されたので来年の今頃は施行されているかもしれませんね。

スポンサーリンク

あおり運転って何?

あおり運転とは前の車をあおって走行することです。前の車との車間距離が短く何かあれば接触する可能性が高い状態です。

また、あおられた方は恐怖を感じてそれが原因で事故に繋がるケースも多い状況です。

あおり運転は一発で免許取り消し?

今の道交法では免許は最長で180日間の免許停止が最高でしたが今回新たに道交法が改正されれば免許停止どころではありません。

警視庁が現在「あおり運転対策」で検討している改正案
処分内容罰則規程あおり運転に関する規程
検討中の案免許取り消し「最低でも1年以上の再取得不可現在暴行罪など参考に検討中①通行妨害目的での交通の危険を生じさせる恐れがある。
②通行妨害で他車を停止させ著しく交通の危険を生じさせるなどを検討中
現行法最長180日間の免許停止車間距離保持義務違反。高速道路で違反の場合は3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金。直接的にあおり運転の罰則規程はなし。現行法では車間距離違反や暴行罪などを適用

この法案が決めれば現行法と比べてかなり厳しくなりますね。あおり運転事故が多く問題になっているので自然な流れです。

あおり運転をしてしまいドラレコで撮影されて通報されるかもしれません。

今は岡山県警だけですが「鬼退治ボックス」と言うものがあり、あおり運転などをすぐに警察のサイトへアップロード出来るシステムがあります。

アップロードされれば警察もすぐに動きます。「あおり運転」や「ながら運転」など悪質な場合はすぐに通報されるようになるかもしれませんね。

それを考えると改正されて「あおり運転」で捕まれば免許取り消しってことも起こるかもしれません。

鬼退治ボックスは今は岡山県警だけですがそのうち全国に同じようなシステムが広がることだと思います。

早速「あおり110番鬼退治ボックス」で初の検挙をされた人も出ています。「あおり110番鬼退治ボックス」が始まり約2週間で17件ほどの「あおり運転」動画が投稿されているとのことです。

警察への通報は電話ではなく警察のサイトに動画を投稿する方が簡単にドラレコの映像で通報出来るのでもっと通報する方が増えてくるのではないでしょうか?

そう考えると走行中の自分の運転が常に誰かに見られていると思って運転しなければなりません。自然に安全運転をする方も増えると思います。

今のうちに「あおり運転」しないように安全運転を習慣化しておいた方が良いですね。

仕事で運転が必要な人は特に免許取り消しになれば仕事ができません。

他の、ながら運転などは免停にはなっても一発取り消しにはならないためまだ良いですが「あおり運転」は一発で免許取り消しになるようなので気をつけて安全運転をしましょう。

特に仕事で運転する人などは高速道路などでバンバン飛ばしている営業車などもよく見かけるので気をつけた方が良いと思います。

スピードだけならまだしも先を急ぐあまり右車線を走って前に遅い車がいれば「早く退けよ!」と言わんばかりにあおっているのをよく見ます。

おそらくそのような運転ならアウトだと思います。覆面やパトカーがいなくても数多くのドラレコに監視されているのだから気をつけましょう。

まとめ

「あおり運転」や「ながら運転」など今までなかった危険運転が多くなりました。まだ慣れずに違反をしてしまう人もいるでしょう。

でも「あおり運転」で一発免許取り消しはかなりのインパクトです。違反して捕まれば免許が取り消されるとなると気を付ける人も増えることでしょう。

まだ先の話ですが道交法の改正が決まれば早く施行されると思うので気をつけてニュースを確認しましょう。知らなかったでは通用しません。

今のうちに「あおり運転しないように気をつけて安全運転を習慣化しましょう。

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事